楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

アニゴジ 見てきました! 映画って難しい商売だ




161909

一作目のアニゴジは賛否両論だと言う評価を見てしまったので
行きませんでした。

 

だってさ、賛否両論って、平たく言えば、ろくな出来とは言えないけど
スポンサー(あるいは東宝)の手前言えない。
もっとわかりやすく言えば、つまらなかったと、いいづらいだけだと思っていますから。

しかし、今回の2作目は封切り日に行ってきました。

僕が本当に言いたいことはこのブログの最後の2行だけですが。

 

まあ感想を

まずは、1作目、ゴジラを倒したつもりが
それはゴジラの亜種で。
ゴジラの本体は別にいた!!

とここからスタートのようです。(見ていないので)


ともかく主人公たちは生き残っていて
母船に帰還するよりゴジラ本体の打倒を目指す

 

と、出だしです。

 

 

さてアニゴジ 2作目はどうだったか、

アニヲタ、ゴジヲタのオヤジとしては、



ゴジラ映画じゃなかった。とそれだけです。

 

ゴジラっぽかったのは、鳴き声だけ。

やっぱあの伊福部さんの音楽がないと。。。

 

さてここからは思いっきりネタバレしちゃいますから、ネタバレまだ早いという人はさようなら

 

 

 

ゴジラ本体が出てきて、メカゴジラとものすごい闘い!
なんてゴジラ映画の定番のイメージを予想して見に行きました。

 

 

 

見た感想としては、世界観は深さ37cmgぐらい、
ゴジラはちょっとだけ、メカゴジラもでてこなくて
拍子抜け。

 

風呂かと思ったらタライだった。

 

 

 

正確に言えばメカゴジラで僕がイメージしていた機龍っぽいのではなく
ゴジラの形すらしてなくて都市の形をしていました。

 

このあたりで、ゴジラ映画じゃないことに薄々気がついていました。

 

 

 

なんでもメカゴジラも進化して増殖し、金属微粒子(ナノメタル)なので
何にでも形を変えられて、ロボットじゃないのだそうです。

 

しかも、その金属微粒子をコーティングすると
なんでも超強力になってしまう。

 

モビルスーツみたいのが強化されて、パワー30倍。

 

ところがです、定番っぽい展開で

 

結局メカゴジラって邪悪だってことになってしまいました。


最後にはナノメタルが人間を取り込んで強化して
勝つためには手段を選ばない。

 

ゴジラのかわりにメカゴジラが支配する地球になる。

そんなことして勝ちたくない!
それじゃ勝ちじゃない
などと主人公が言い出して

 

 

メカゴジラ(要塞都市) + モビルスーツ3体 vs ゴジラ

を見てきました。

 

先週のTV(金曜ロードショー)のパシフィック・リムの方が面白いかったです。

 

 

このところ映画は外しっぱなしです。


ゴジラが活躍(破壊活動)をする場面がほとんどないゴジラ映画。
オレは満足できない!

 

 

結局のところアニゴジは単なる戦闘アニメでした。

しかし、男の子向けアニメで定番の「美少女」もなし。

(主人公との絡みがあっさり味で感情移入できてません)

戦闘シーンも、、イマイチ手に汗を握れなくて。

 

 

 

 

 

多分次回のアニゴジ 最終回は、キングギドラ対ゴジラ対モスラになりそうな気がしています。

 

 

エンドロールの終わった後に、一言、メトフィエス(仲間の宇宙人)が自分たちを滅ぼしたのはギドラって言っていたから。

そしてフツア(地球の人型種族)の双子が昆虫の仲間。そしてしきりに卵、卵と言っていた。
フツアの双子がインファント島のザ・ピーナッツを彷彿とさせて。

 

ということで11月の3作目は大怪獣総攻撃ですね。

 

 

しかし、これだけスカスカの内容でも
ゴジラというだけで、客を引き寄せる。
リピートさせる。
つまり、稼げる。

さすが怪獣王。

 

 

 

 

俺たちにはあるのか?
リピートさせる魅力が

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2018年5月31日 — 6:08 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme