楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

楽天のCPA広告ってどうよ、問題




image

CPA広告って 

楽天市場のウェブサイト内、楽天グループ内の媒体に掲載されます。

infoseekとか、に表示されます。

SALEとかポイントGETとかの部分ですね。

 

楽天の媒体に掲載される広告ってクリックオン広告というのもありました。

(2014年12月にテストして報告しました)

1商品だけの広告をするタイプで、表示数保証でした。

1クリックおおよそ10円(以下)、と言うのが僕の感覚です。

adwordsより転換しませんでした。

 

 

 

今回のCPA広告は全商品が対象です。



怖いのは広告経由なのか、自分のおなじみさんがブログの広告をクリックして来店したのか識別しなさそうな点です。

720時間以内の購入って、つまりは1ヶ月前にクリックした商品にも有効だということです。

 

 

 

三木谷さんご自慢のAIが活用されているのでしょう。

広告の表示面にあわせて最適な商品が表示されるということになるのでしょう。

 

僕も早速設定しましたが。広告配信はこれからです。

 

いったいいくら請求が来るのでしょうか。

怖いですねぇ。

YahooのPRオプション、全店15%にしていて大失敗。

びびりましたからね。

 

 

 

ステム使用料が5%から25%へ値上げされたのと一緒だったりして。

僕の楽天のシステムに対する信頼度はその程度です。

 

なお募集が殺到した場合、どう考えても転換率の高い商品を優先しまよね。

やっぱりこれからは転換率の勝負ですね。

 

 

しかし、

未だにEUC使って、あんなにわかりづらいイベント用csvの説明で

そのくせAI、AI。<– 素人の特徴ですね。

同情するなら金をくれ、AIするなら送料設定まともにしろ。

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme