楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

ネットショップの売上のアップの王道

[`evernote` not found]
LINEで送る

売れていない店から学ぶネットショップ売上アップの王道、そして近道

 

売れないネット販売の特徴を思い出しながら、自分でも反省!

ヤバイ、このままじゃヤバイ!

どんな店がやばいのか、

1.品揃えが圧倒的に少ない

2.品揃えが変わらない

3.特集や企画が少ない

 

品揃えが少ないショップはやばい

数品のすごい売れ筋を持っているとついつい安心して(僕のことだ)、品揃えが少ないままになっている。

強い商品があるなら、それをめがけて、あれも、これもと売りつけたい。(言い方は悪いが本心はそうだ)

 

しかし、十分な利益が取れないので売らない。

仕入で過剰在庫を抱えたくないから仕入れない。

そもそもドロップシップしかしていない。

 

 

ショップの品揃えを強化する方法

売れそうな商品を探す、1つ買って撮影する(写真が使えない場合)

発注があったらamazon(日本のだ)から仕入れてでも売ってみる。

他の楽天店舗から仕入れても売ってみる。売れたら本気で安く仕入れられるところを探す。

展示会に行く、展示会に行くとホームページすら持っていない会社が必ずあります。つまりネットをいくら探しても仕入れられない商品がゴロゴロしている!

このネットでは仕入れられない商品は狙い目です。これをネゴって、とにかく少ない数で仕入られるように話をします。

生産者をいじめたくもないし、ホラも吹きたくないので、買い叩いたりはしません。定価より高く売れるかどうかの目利きが勝負です。

 

こうやって当たりを探しています

 

当たらないことも多い、100個売って1個当たればいい方です。

在庫をかかえて、全部おまけにしちゃったなんてことも少なからずあります。

でもやらなければ、籠城戦、小田原城ですね。自分の中で小田原評定していてもしかたない

 

品揃えが変わる

こうやって、無駄に見える努力をしていると品揃えが変わります。

商品点数が増えます、

商品点数が増えると、たまたまアクセスを引き上げる商品が出てきます。

すると売上も増えます。

 

考えてみて下さい

あなたが選んだ商品は(多分)、あなたのお客様が喜ぶだろうという商品です。

そうすれば、店内を見て気に入った物がある確率が高くなります。

商品自体が当たりの確率1%でも、それ以上の効果があります。

 

ネットショップの企画(特集)を作る

こうして商品が増えてくれば、当然露出、プッシュしないと売れません。

新商品を登録した、さあ来て買ってくれでは誰も気がつかないので、特集ページを作り、そこへ誘導することが必要です。

ぼくも入れただけ新商品が多いので、楽天なら目玉商品に入れたり、マラソンやスーパーセールの時に露出しています。

 

放置して、商品力でアクセスの自然増を待っていている、僕の場合1年~2年かかります。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これがあなたの状態だと思います

 

この企画で新商品のテストマーケティングを早くするのが、僕の課題です。

 

 

こんなブログ書いている暇に、さっさとやれと、自分に言いたいのですが、

このブログを書くことで、思い出したり、決意を新たにしたり。

 

さて、特集を作りますか。

 

アクセスアップじゃ売上は増えない!

アクセスアップじゃ売上を増えない、などと言うと怒り出す人がたくさんいます。

しかし、単純なアクセスアップなんて馬鹿みたいに簡単です。

 

楽天なら1万円プレゼントと言うプレゼント企画をやれば万に近いメールアドレスまで取れます。

トラフィックエクスチェンジと言う、アクセスを集めるサイトも山ほどあります。

ほぼタダでも万のアクセスは簡単に作れますが

 

この方法では絶対に売れない、メルマガも講読してもらえない。

せいぜいブログのアクセスカウンターが上がるのを喜ぶだけです。

アメブロで、なんでいきなりアクセスがあるんだこんなブログで、と言うのを見かけたらほぼ確実にトラフィックエクスチェンジを使っています。

グルプレなどメルマガを使って有料集客するところも同じです。

彼らが欲しいのはプレゼントや、クリックでのポイントで、あなたの商品ではまったくありません。

気にならない商品など目に入らない、記憶に残らない

 

 

あなたが、アクセスを倍にすれば売上が倍になると思っていたら間違いということです。

 

あなたの商品が気になる人のアクセスを倍にする、これが結局近道です。

 

僕はやり方はわかっていても、なかなか出来ません。

 

時間と気力の勝負です。

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme