楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

集客のためのコンテンツSEO

[`evernote` not found]
LINEで送る

コンテンツSEOって聞いたことある?

2,3年ぐらい前からコンテンツSEOと言う言葉が聞かれるようになってきました。

 

実店舗が忙しくて、ネットに関する情報には疎いのが自慢の店長はまだ耳にしたことがないかも知れません。

今は、これが集客の主流になっています。

 

一昔前なら、ダイエット食品とか、水素水とか商品のキーワードやあるいは商品分類や商品そのものを表す言葉で検索結果の上位を狙いました。

しかし、googleの変更で年々これが難しくなっています。加えて外部リンクより、コンテンツの質を重視すると宣言し、実際そのようになっています。

いまだたまにSEO業者が上位に表示指せますというセールスをしてきますが、無駄です。元が取れることはありません。全部断って下さい。

 

それからコンテンツSEOをしますという会社もたくさん出てきていますが、記事も書かない(あなたの得意分野の記事を簡単に創作できるはずもありません)でコンテンツSEOと言うのもほぼ詐欺です。サイトの動線を見直すぐらいしかできません。

 

 

下らないコンテンツは上位表示されません

自分が取りたいキーワードに関する情報が多く、品質が高くないと上位に表示されなくなりました。

それまでもコンテンツの質は重要と言われていましたが、文字数が多ければいい、XXX文字以上が必要というところでしたが、今はもっとシビアです。

サイトでのページ閲覧数、滞在時間も影響しています。

 

つまり、下らないサイト、あっ広告サイト、さよなら。みたいなサイトでは永遠に上位になりません。

サイトのトップページではなく、サイトの1ページでもトップになることが多くなりました。

 

そこで狙い目はとっても小さなキーワードだけれども、食いつきがいいキーワードをタイトルにした記事を作ることです。

と言っても、小手先でお茶を濁したような内容では、意味がありません。

読んでももらえないような記事では、絶対に上位表示はあり得ないと言うことになって来ています。

 

 

これから店長が書くべきコンテンツ

あなたの商品を必要として、欲しがる人がどんな人かをマーケティングしましょう。

その人が考えていること、調べていることをブログ記事にしていきましょう。

 

 

www.goodiet.jpはそれを実践しようとしています。

ちゃんとやれば上位表示されることはこのサイトhttp://mba.o50.jpが証明しているので、後は記事の内容、時間と記事本数です。

ブログのテーマと記事の内容が記事のタイトルとあっていればそれが一番優れたSEOとなります。

 

ちょっとデータを見せましょう(クリックすれば大きくなります)

image

うまく行くとこんな感じのアクセスになります。

 

細かいテクニックやブログ(WordPress)の技術的なことなど色々あります。

例えば、このページですがコンテンツSEOで検索してもらおうと思っています。

だからそこかしこにコンテンツSEOと言う言葉は当然入れてあります。コンテンツというキーワードもちょこっと入れてあります。

 

業者に払う金はないけど、時間なら取れると言う店長は、今すぐブログを書きましょう。

 

悩んでいても、受注画面を見ていても注文は来ませんよね。

だったら出来ることをやってみよう。

関連記事

Updated: 2014年9月5日 — 10:57 PM
楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme