楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

クーポンの効果的な使い方

[`evernote` not found]
LINEで送る

クーポンは自分で配ることが大前提

楽天が配ってくれることはありませんので、どれだけ多く配れるかはあなた次第。

僕はレフトメニュー、サンクスメールのテンプレートに入れて配っています。

 

しかし、それだけでは、最大でも注文があった人数+メルマガクリックした人数

 

 

1週間に10人しか注文がない始めたばかりのお店ならば10件受け取ってもらえたら上出来。

現実的にはせいぜい2、3人。クーポン作る作業がじゃまくさいぐらい。

 

 

そんなんじゃ売上伸びないじゃん。

しかし、そう言う物です。

 

 

クーポンはリピートさせるための手段です。

初見、裏を返して、馴染みになる。そのための手段として考えることが基本です。

もう1回早いうちに来てもらうためにはどんなクーポンがいいのか?

値引き?送料無料?

もちろんお得感がある方に決まってますよね。

3回来てもらうまでは、儲けは不要とがんばるか。

単なるサービスなのかは考え方次第

 

 

 

新規を取るためのクーポン

口コミしてくれるクーポン

誰かのブログで話題になると、獲得してくれる人がドカンと増えます。

無料情報とかお得情報を探して、教えるのが好きな人って結構多いです。

 

 

2週間のクーポンで748人配布が、うちのレコード

新規客もたくさんきました。

 

ただし、200円クーポンで利用下限なし。商品がタダでもらえるに等しいクーポンですからそりゃ客は来ます。

150人が使用しました。もちろん広告費と割り切ってのクーポンです。

 

クーポンを使うのは、せいぜい2、3割です。

 

 

 

フェースブックでクーポンを配るとどうなるか?

やったことがありません。誰か友達が多い人はやってみて下さい。

もらう人は多いし、話題になれば面白い!

ただし、話題になるほどスゴイクーポンを考える必要があります。

 

楽天クーポンのよいところ

期限が切れる前日ぐらいに、期限がわずかですというメールを送ってくれます。

楽天のイベント中に重なるように多くのクーポンが配れたら来店客が増えます。

 

 

 

今までのクーポンはお客様が自主的にクリックする必要がありました。

これって、結構ハードルが高いんです。

サンクスメールに入れても、メルマガに入れてもクリックしてもらえないから。

 

注文したら商品が届いて当たり前、メールなんかチェックしないと言う人も多いですから

 

 

楽天の新しいクーポン

これは画期的なクーポンです。

お買い物をしたら、自動的にクーポンが送られ、お客様の画面に表示されるのです。(多分)

メールが送られるかも知れません(よくわかりません)

興味のある人は、読んでみて下さい。

https://www.rakuten.co.jp/shops/manual/ureru/coupon/thankyou_coupon_guide.pdf

今までの方式よりクーポン利用者が増えることは確実ですね。

3,4倍かなぁ。

 

 

使って見て効果測定してみるしかありませんが、rmsの分析機能では調べられません。

多分ECコンサルタントならそのデータを取ることができます。

関連記事

Updated: 2014年10月30日 — 6:33 PM
楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme