楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

売上3割アップで、利益は1割ダウン

[`evernote` not found]
LINEで送る

失格店長の判定クイズ ーー その1

10%OFFのセールをしました。

日頃10万円の売上が13万円になりました。

 

やったね売上30%OFF

 

 

さあ、儲かりましたか?

 

ちょっと考えて下さい

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

もちろん儲かったはずだと、と答えた人。

注文通り、はまっていただいてありがとう!!

 

 

それだけじゃわからないと答えた人が正解です

 

粗利30%で10万円売れたら3万円の利益

10%OFFなら粗利は30%から20%に下がりますよね。

13万円 x 20% で 2万6000円の利益

 

売上は上がったのに損しているんです!!

安売りして売上は増えたけど手取りが減っている!!

そんなことしていませんか?

 

 

失格店長の判定クイズ ーー その2

ある店で全品10%OFFしました。

粗利が50%あるお店です。

10万円売上で5万円の利益なのが

13万円売って52000円の利益

利益が2000円、5%純増。。。。。のはず

 

しかし損をしていました

それはなぜでしょうか?

 

ちょっと考えて下さい

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

 

失格店長の判定クイズ ーー その2の回答(1)

 

いつもならパートさん2人で楽勝の物量なのに

この日は3人必要になってしまいました。

 

 

 

平均客単価3000円、10万円の売上で33個の出荷です。

パートさん一人15件なら可能。

 

ところがセールをした日は客単価も10%下がり2700円、今度は48個

パートさん1人15件しか出荷できなければ3人必要

 

 

パートさんが1人増えて、日給4000円

 

 

せっかく増えたはずの2000円の儲けより、人件費の方が高い!!

 

 

失格店長の判定クイズ ーー その2の回答(2)

さらにもう1つの落とし穴が

このお店のセール品は送料無料だったら

平均客単価3000円、10万円の売上で33個の出荷です。

送料500円 x 33個で 送料は合計16,500円

 

 

ところがセールをした日は客単価も10%下がり2700円、今度は48個

送料500円 x 48個で 送料は合計24,000円

送料だけで7,500円のコストアップ

 

 

 

 

ありがちじゃないですか
こんなこと、お店の粗利や作業効率からよく計算して下さい。

 

 

両方正解を答えられた人は、かなりのベテラン経営者です。

僕も、質問されたら答えられないです(^^;)

 

 

うちは、一昨年はスーパーセールに乗って年末に激安をやりました。

売れましたよもちろん。

 

 

しかし、出荷が追いつかない。

段ボールが足りない、おまけが足りない

クリアパックが足りない、プチプチは足りない

 

 

毎日、発送待ちの注文件数を見ながら冷や汗でした。

こんなに売上が上がることが楽しくないとは。。。

 

 

怖いですねぇ、算数ができないと

僕も計算できなかったわけですが

 

 

安易に値引きするなら、おまけをつける

丁寧に出荷する

対応をよくする

商品ページのクオリティを上げる方が

利益に貢献します。

 

 

ECコンサルは売上を上げるためにを合い言葉にしていますが

僕たちがやりたいのは手取りの利益を増やすこと

 

 

 

もっとも、

それでもセールをする理由もあります、、

在庫を現金化したいとか、集客したいとか

 

 

理由もなくむやみに安売りすれば

売れることもあるでしょう。

 

しかし、計算なしに値引きに走れば

 

待っているのは自滅!

借金、トラブル、

 

 

はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし)

楽にならざり ぢつと手を見る(石川啄木)

関連記事

Updated: 2014年12月29日 — 9:25 AM
楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme