楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

店長よ!今こそオウンドメディア戦略だ

[`evernote` not found]
LINEで送る

企業が自社で所有するWEBサイト(メディア)のことで、ブランドサイトやキャンペーンサイトなどを指す。アーンドメディアやペイドメディアと共に、トリプルメディアと言われている。

 

と言うのがオウンドメディアの一般的な説明ですが

わからない言葉を説明するのに、またまた意味不明な言葉を重ねる。

 

間違いなく俺たちを混乱させて、何かを売りつけようとしています。

 

コンピューター業界の僕もおんなじ事をしていたので、よくわかります。

 

ちょっと何かが加わる、少し用途が変わったら

新しい名前を考えて、あたかも新しい製品のごとく売る

 

 

その中でも

個人的に一番、クサイと感じるのが

オウンドメディア

自社サイトとか製品サイトと言えよ!

 

だいたいトリプルメディア戦略が微妙に古くさいのですが

僕たちには最先端の情報が届くのが遅いのです。

新しい用語は広告代理店とつきあう規模のマーケ部門が一番先で

僕たちの耳に届く頃にはすでに時代遅れになってますよね。

 

 

しかしやることは変わらない

自社サイト、 SNS(facebook)、広告

でも、これって大手で自社でネット販売するなんてことがない会社の考え方ですよねぇ

それも含めて、オウンドメディアと言って来る会社

クサイ、、、そう詐欺クサイのです。

 

僕的なオウンドメディアは、こんな考え方

オウンドメディア(自分が100%自由に出来る手段)

アーンドメディア(稼ぐための手段、モールやレンタルカート)

ペイドメディア(有料集客手段)

 

オウンドメディアだとか、トリプルメディアの

本当のマーケティング的な意義は、ググって下さい。すぐにでてきます。

僕流の解釈とは全然違います、特にアーンドメディア

 

 

僕にとってのオウンドメディアの実質的な価値は

自由な言葉でSEOがかけられる、分析データが取れる

それだけです

 

 

楽天のSEOでどれだけブイブイ言ったところで

所詮は1ページ限り

その1ページに何十、何百ものキーワードで集客することは不可能です。

 

 

自分の所有するサイトなら、

  • 1ページ毎に微妙に違うキーワードでSEOをする
  • 違う顧客層に向かって、言葉使いを変えて説明する。
  • 複数のランディングページを用意する
  • 単なる情報サイトと言うことを建て前にして、薬事法を無視する
  • CTR,CVRなどが丸見えです。

 

オウンドメディアのメリットを享受するために

そのためにはアフィリエイター並のSEOに対する知識や情熱が必要になります。

作業を楽にするツール準備しておきましょう

 

やっぱ、ネットって単純作業が多かったり、時間がかかったりと面倒です、

ツールが使えなくて手作業なんて、、、

僕には拷問です

 

キーワードサーチ

順位チェックができるツールを

買っておきましょう

 

たったいま今日のお勧めは

これ、29日までなら安いです。

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM
楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme