楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

初心者がよくやる失敗(仕入の注意事項)

[`evernote` not found]
LINEで送る

ネット販売でもリアル販売(ネットワークビジネス)でもありがちな失敗。と言うか、自分でもまだまだよくやる失敗。

それは仕入間違い

商売が初めての場合、ありがちなのが保証金や大量の初期ロットの購入が必要なケースです。もちろん既に商売をしていて販路がある方は問題がないでしょうが、それでも自分の持っている顧客と仕入商品のミスマッチは起こりがちです。

当たり前のことですが大量の仕入れが必要となる商材は、在庫ばかりが増え資金繰りを厳しくし余裕を無くします。言われるまでもないこと、のはずですが、ネット販売で値崩れが激しいのは、素人(プロであっても見込み違いで)が手を出して大量に仕入れた商品を、現金化のための叩き売りをすることがよくあるからです。実際には販売力のないサイトでも、定価を大幅に下回る価格が表示され続けることで、価格が引きずられて下がって行くからです。

仕入はお買い物ではありません。

私の場合はこんなことを考えて仕入れています。

  • 仕入が商品が1ヶ月以内に売り切れるか?
    資金力は極めて乏しい、ストックを置く余裕などの問題から、多くの場合1ヶ月以内で商品が回転することが目標です。
  • 賞味期限切れ、使用期限などで、ロスになることはないか?
    ロスが発生するならばその分利益率が高くなければなりません。
  • 売れている商品ならば、ブームはいつまで継続するのか?
    私もブームで調子に乗って仕入れた商品の中で在庫になっているものがあります。
  • リピートで仕入れることが出来るか?
    中には、メーカーや問屋の在庫処分品を格安でと言う場合もありますが、一回売ってちょっと儲かるではネット販売のページ制作費も出ない場合があります。

 

本気で商売を考えるのであれば、ネットの仕入サイトだけでなく最も安い所を探す、メーカーや卸元、海外へも直接連絡してみるなどの努力も必要です。

と言うのもネッシーや楽天B2Bなどのネット仕入サイトの商品は、楽天や、amazonの最安値より高かったりするからです。そして卸元に直接注文することで例えばネッシーの場合はネッシーの手数料分10%ぐらい安くなることもあります。メーカーも中小であれば意外に手に入れやすいロットで卸に応じてくれることもあります。日経MJなどを見て、新商品をチェックして連絡する方法もあります。まだ売れていない商品、これから売りたい商品だからメーカーも通常より緩い条件を出してと言う訳です。

ネッシーや楽天B2Bなどドロップシップ(受注後発注可能)と言う商品をうまく使うのもいいと思います。

ただし、価格訴求をしたい場合は、全く不向きです。なにせアマゾンの方が安いことは珍しありませんので。

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme