楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

チーム力をあげる方法 チームビルディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

人が多くなると、ほんと。

まとまりがなくなるよねぇ。

 

毎年1回、それを痛切に感じるのが、お祭りの売店。

なにせ売店部長という、役職をいただいて5年間。

 

焼きそば作りで考えるチーム作り

焼き鳥、焼きそば合わせて3時間で 1000食作る。

そのための作業員がなんと40名

 

 

当番制なので、毎年初心者ばかりで40名のチーム

 

 

この素人集団に、作業分担をさせ、仕事を覚えさせ

いかに自分が楽して、3時間以内に作らせ

売らせるか

 

一昨年、去年とまずいと言われ、今年はちょっと変えました。

変えたのはレシピではなく、作業の教え方

 

マニュアルの力

とにかく最短で作業員を作る、ために威力を発揮するのがマニュアル

マニュアル作りになれていてよかったと心底思います。

 

社長にとって、パートさんが馬鹿だとだから出来ないと言うのは。

自分が馬鹿だと言っているのと全く同じですからねぇ

 

 

まずはマニュアルを書いてみましょう。

こと細かに書いても、誰も読みませんのでチェックポイントだけでOKです。

 

そして、マニュアルを使わせて作業をチェックしましょう

9割方の人が、特に優秀なヤツほど自己流が入って来ます。

焼きそば作りなんて、はじめてだったヤツが、3回目には自己流を入れちゃいます

 

 

大量の焼きそば作りで素人が思いつきで自己流を入れて、うまく行くはずがありません

そこで今年は

 

指導方法を変えるとうまくいく

そんなわけで、今年は指導を強化しました、自己流はやらせない。

町内会の焼きそば作りなんて所詮は遊びですが

一応、もとスーパーの社長としては総菜でまずいと言われると致命的です。

 

そこで

マニュアルに書ききれない細かいポイントはその場で指導しました。

作業を見せるだけでなく、手取、足取り。嫌みなジジイ役をしました。

 

作業をその場で中断させて、説明しながら実演すると、

手こずっていた作業もみるみるできるようになります。

パートさんの作業も同じですね。

 

 

パートさんの作業もよく見ていてその場で注意して

指導しないと、覚えてくれません。

30分後ではもう意味がありません。

とにかくその場で。

 

 

 

事務作業なら、作業のポイントごとに

最後にまとめて注意は意味がありません。

 

 

何かを作る作業ならずっと手元をみながら。

すると上達が早くなります。

 

焼きそばぐらいなら、ここまでで十分ですが。

 

マニュアルだけでは作れないチーム力

しかし、もっと複雑なことや、大きな組織、人間関係がからんでくると、

マニュアルをどれほど素晴らしく書いたとしても、

どれほど指導しても、それルだけではチーム力は上がりません。

 

 

モチベーションやらテンションやら、マニュアルでは書き表すことが困難なことがあります。

 

 

できるだけ、得意とすることをやらせる。

声をかけてやる。

ちょっとしたことでも、前進したら、ちゃんと出来たらイイネと言ってあげる。

 

 

チーム作りもマニュアル作りも慣れ

何事もはじめての時はうまく行かない。

それはパートさんも、自分も同じこと

僕もはじめて売店部長をやったときは、自分でずっと焼いていました。

人がいない(何人のチームがいいかなんて誰も教えてくれませんでした)、

作り方どころか、片付けも教えられない(よって、最終的には全部自分の作業です)

 

 

実際、この楽天のお店もそうです。

最初はほとんど全部自分、梱包して商品ページを作って

 

今では、こんなブログを書いている間にも出荷されていっています。

 

最初から理想通りなんてことはないと思えば気楽にやれます。

 

 

理想のチームを作って、楽しく働く

 

できたらいいと思いませんか?

関連記事

Updated: 2016年10月17日 — 4:04 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme