楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

おまけって、経費の無駄ですか?

[`evernote` not found]
LINEで送る

最近、繁忙期なので、女房の手を借りています

女房は作業スピードが速くて、パートさんの1.5倍ぐらいのスピードで助かります!

 

 

しかし、出番が多くなると、聞かされる小言も増えます。

 

 

最近多い小言が

何でこんなおまけをつけるの?無駄じゃないの?

 

 

あなたはおまけは無駄な経費と考えますか?

それとも利益を生む、仕掛けの一つと考えますか?

 

 

おまけで稼ぎが増えれば、すべてよし

おまけで売上が増えればそれでよしなのですが

 

なんとなく、無駄っぽくもあります。

なくしていいのでしょうか?

 

おまけを

やっている人も、やっていない人も

一度考えてみて下さい。

 

 

おまけをつける理由、つけない理由

 

 

つけない理由の多くはお金、経費だと思います。

おまけごときで利益が増えるのか?

単なる自己満足、費用だろうと言う調子ですね。

これは数字が見えるので、とても強い意見です。

 

 

おまけをつける方の理由は、

お客さんが喜ぶから、つけるとなんとなく心配だから、

他店との差別化、サービスとしてなどなど色々とあると思います

 

 

 

 

おまけの効果って、なかなか定量化できません。

いまだかつて見たこともないし、効果測定も難しそうです。

いくらのおまけで、どれぐらい利益が増えるのか?

 

 

 

しかし以前、宅配スーパーの社長をやっていたときに感じたことは

経費節減でおまけやプレゼントを減らすと

ボディーブローのようにじわりじわりと売上に響いて来る気がします。

気だけです。

 

 

社長としてゴリしましたが

コンサル出身の役員、銀行出身の役員からは

さんざん、みそくそに言われました。

 

 

 

しかし、要は、安くてよろこんでもらえる「おまけ」があれば、

お金の問題じゃなくなりますよね。

 

 

 

安いおまけでどれだけ喜んでもらえる工夫ができるか?

それが店長の腕の見せ所です。

 

 

 

うちでは最近、飴を一斗缶で仕入れておまけに使っています。

この飴を使うことにしたのは、昨年のレビューでわざわざ、この飴の写真を撮って載せた人がいたからです。

 

どんな飴なのか、うちの店でぜひ除菌剤でも買って下さい。

おまけについてきます。

http://item.rakuten.co.jp/aquavinus/10000305/

 

 

この時期のおまけの飴は「のど飴」です。

出口の黒玉と言って、修善寺に行く途中にあります。

などと言う説明を書いて、あめ玉を3粒入れています。

 

 

このあめ玉、お客さんがレビューに写真付きで載せています。

 

 

 

20年間磨き続けたおまけ術

考えたら、おまけを何にするか、20年前から色々考えていました。

 

 

アスクルのマーケティングをやっている人に、.おまけって結構大切、と何度も聞いていたので

 

 

宅配スーパーの社長を始めてすぐから、ずっと考えていました。

 

 

安いけれど、手に入りにくい。

あれば使える、ちょっと便利。気が利いたってヤツ。

買った商品にマッチしている。

 

そして、出来れば会社名か商品名を覚えて欲しい!

 

 

 

会社名か商品名を覚えて欲しいとなると

名入れ商品、名入れティッシュなんかもありますよね。

今の店を始めたばかりの頃は、ロット数やコストでなかなか手がでにませんでした。

 

名入れ商品も安くはありません

 

 

しかし、例え高価でも、お客さんが望んでいない商品はゴミ!です。

 

風邪をひいていれば町で配っているティッシュはありがたいですが

それ以外の時は、受け取らなかったりしてませんか。(僕だけかな?)

 

 

 

いいと思って考えたおまけでも、

おまけに、ペロっとつけただけでは意味(ありがたみ)不明な商品もあります。

特に天然石の場合、

 

石なんて本気でゴミですからね。

 

 

最初の頃、おまけを送り返してきた人がいました。

↑マジですよ、いりませんと。書いて

ショックでしたね。

 

 

 

それから。ちょっとした文章をつけるようにしました。

ほんのひと言、ふた言だけでありがたみアップ!!

 

 

そのひと言、ふた言が出てこない人にこそ、文章術をお勧めしています。

メルマガ登録すれば、すぐに使える文章術がわかります

 

 

おっと今日はおまけ術

 

おまけの見つけ方

ここでおまけと言っているのは、商品ページにも書いていないおまけです。

商品ページに書いてあるおまけは、商品の一部なので、もしつけ忘れるとクレームですよね。

 

 

だから、秘密のおまけです。

 

 

「ベタ付け ノベルティ」、「ばらまき ノベルティ」で検索すればノベルティー(景品)が出てきます。

 

100円ショップや楽天で探しても景品はいっぱいでてきます。

数が少ないうちは、近所の100円ショップで十分(後は予算だけ)

数が増えたら仕入でもいいですね。

 

 

 

僕の場合、おまけの予算は30円~100円です。

商品とマッチしたおまけがない場合は、飴です。

おまけが2つつく商品もあります。

 

 

安っすい商品にも、おまけがあると喜ばれますよね。

 

 

もし、こんなことでリピート率があがるなら、うれしいですよね。

しかし、計測不能です。

 

だから、おまけをつけるも、つけないのも、どちらが正しいかデータはありません。

後は、あなたの商売カンを信じて下さい。

 

 

 

 

予算ゼロのおまけのつけ方

正攻法は買ってきたおまけを、サービスとしてつける。ですが

 

 

裏技は、入手困難な商品を抽選で当てる式にすることです。

もちろん、外れたら残念賞を贈るのですが

 

 

 

総付けする、余裕がなければそれもありです。

メアドも集めることだって可能だし、一石二鳥かも知れません。

 

 

あなたが大きな問屋やメーカーと懇意にしていれば

半端もの、ノベルティーの残りが、倉庫に転がっていたりするはずです。

 

 

景品だからとお金を使うと、本末転倒になりますから

予算ゼロ!で考えてみて下さい。

 

 

きっと何か見つかります。

関連記事

Updated: 2016年11月22日 — 7:51 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme