楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

誰も教えてくれない、楽天の広告の真実

[`evernote` not found]
LINEで送る

おそらく始めて、楽天のマラソンの無料広告2本が当たりました

そしてさらに有料広告2本も出して見ました

 

実は、タイムセールの無料広告に申し込んだことがなかったのですが

今回申し込んだらタイムセール系の広告が2本当たってしまいました。

 

 

すごいでしょ、

1回のセールで無料枠が2本あたった!

1本は普通のタイムセール

もう1本は、全商品50%OFFクーポンの発行という破滅的な広告。

やってみましたよ自滅ヤシオリ作戦

 

 

 

そして、広告当たったんだからとECCから勧められた広告を2本、買わされてしまいました。

まっ、付き合いですね。

それが2本の有料広告となったわけです。

 

 

そこでわかったことは、有料広告より無料広告の方が圧倒的に強いと言うことです

2本の有料広告9万円でしたが

 

この2本の有料広告で売れた商品はせいぜい4件、3万円

 

 

ところが1本の無料広告では84件、30万円以上

 

 

 

そして50%OFFのクーポンというむちゃくちゃな無料広告

開始1時間だけ全店舗50%OFFの広告では、売れました!

 

 

 

しかし、儲けはないので

途中で、在庫をゼロにしつつ売上調整したくらいです。

 

 

楽天広告の秘密

楽天の広告の真実は無料広告のほうが売れる?

それも確かです。

 

 

そしてもう1つの秘密は

 

 

激安じゃないと効果がでない。

これが楽天の広告の秘密です。

 

 

他の店でも、過去の自分の例でも

とにかくびっくりする激安なら、飛ぶように売れます。

 

そもそも無料広告をもらうためには売上実績と好条件(激安)が必須です。

 

 

 

さて、楽天の広告で儲かるのか?

もうちょっと踏み込んでみましょう。

 

今回爆発した、無料広告は1時間限定50%OFFクーポンを配る

というものです。

 

全品50%OFFって勇気がいりますよね。

僕も、実際にはあれこれ考えました。

 

 

全店舗50%OFFの広告は売上は大きいですが

さすがに送料込み商品も全品半額では利益はナシです。

しかし、お客さんに嘘はつきたくなかったので

送料込みを、送料別になどの操作していません。

 

一定の赤字が前提!

50%OFFだと赤字がでかすぎるものは在庫ゼロ

あるいは在庫を絞るという作戦です。

 

 

 

確かに売れました。

夏の1ヶ月分を1時間で。

 

 

しかし、うれしくない、ぜんぜんうれしくない!

だって儲からないのに、忙しい

儲かって忙しいなら、楽しい。がんばりがいがあります

 

 

 

 

 

しかし、儲からないのに忙しいと

仕事する気にもならない。

 

決して、損はしていない計算なのですが

計算上利益が出る、ぐらいの話だと

往々にして、損している。

 

 

そんなもんです。

 

 

そんなこと事前に考えなかったの?

と言われると、

想像以上でしたとしか言えません。

 

 

楽天の爆発力をなめていました。

ここまで売れるなら

中国製造させているアパレル、例えばホンコンマダムのの発想がわかります。

 

 

中国製造アパレルの会社の言い方は、

物がなきゃ売れない、だから儲けたかったら思い切って仕入れる!

 

 

当たり前の言い分ですが、在庫を積むのは

ギャンブルです。

 

 

 

 

 

じっさい除菌剤なんて、ドラッグでも買えるし、

マニアックすぎて、ほんと広告じゃ売れないと思っていたのですが。

売り方があるのかも知れません。

 

 

 

 

さてさて、

50%OFFクーポンでそこまで売れるの?と言う答えにはYESと答えがでましたが

 

 

楽天の広告、まだまだ知りたいことがあります。

売上ピークは好影響が続くのか?

 

一回売上でピークを作ると、それ以降も引きずられるように
売上が増えていく傾向があるように思っているが再現性があるか?

もちろんランキングやSEOなどの好影響もありますが、

 

売上に直結しないSEOは自己満足だし。

売上に直結しないランキングは単なるバナー素材です。

 

 

 

 

安売りあとの買い控えはどの程度、あるのか?

 

メルマガで集めた人たちに何か買ってもらえるのか?

メルマガのお客さんがリピートするのか?

 

 

 

 

広告から学んだこと

 

安売りで忙しいのは、罪悪だ!気力がなくなる!

前からわかっていたことですが、、

いやぁ、日曜日&ハッピーマンデー、家族総出で出荷して楽しいことはありません。

 

 

 

セールで売れるのは日頃から売れている商品だけ

こんなところでもSEOです。

安くても、買わない商品は買わない。

全品50%OFFクーポンは、人気ランキングでした。

 

 

 

やっぱ、半額にするなら送料別の商品だけにしよう。

クーポンで販売すると、売上は販売価格ですね。

すると見かけの売上は大きくなります。

 

安売りでどのぐらい稼げたのか?

楽天のシステム手数料は販売価格で計算されます。

クレジット決済の手数料は販売価格からクーポン分を引いたもの。

 

つまり見かけの売上は販売価格の合計

 

 

そしてあなたへ儲けは

販売価格 - クーポン分 - 送料 - 楽天のシステム使用料 - クレジットの売上手数料 - クレジットのオーソリ費用 - 原価 - 梱包材費用 - 梱包の手間賃

 

あなたの店の商品ならいくら儲かりますか?

 

 

つまり、金額だけ見て売れた!と思っても、計算したら赤字。が普通です。

 

 

実際の儲けは安売りで集めたお客さんがリピートしてくれるかどうかです。

リピートしなきゃ赤字のまんま

 

 

 

 

売れたと思って、沈んでいくこれが楽天広告の真実です。

楽天に限らず、これが広告で売れる真実です。

 

 

それを防ぐためにはリピーター!

関連記事

Updated: 2017年1月10日 — 7:02 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme