楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

ツキが変われば、売上も変わる 在庫に気をつけよう

[`evernote` not found]
LINEで送る

この画像は無料サイトのpixabayから

 

ツキが変わるとは、よく言った物で、月が変わると、売れ筋が、売上ががらっと変わりますよね。

これは商売をしている人なら誰もが持っている感覚だと思うのですが

 

新人店長は結構とまどうとおもいます。

僕は、データ上、数字上としては知っているつもりでしたが、

体感すると、アレっ、アレっでした

いや、あれ、アレ、アレ~っ(help me)かな

 

 

2月売れた!と思って大量に仕入れると、3月はパタっと売れない。

冷や汗ものですね。

 

 

そんなことを繰り返していると、徐々に徐々に、在庫が貯まっていく

場所が足りない、倉庫を借りよう、

決算では儲かっているのに、現金がない

しかたなく借金をする、

そして仕入、在庫、負の連鎖に入ります。

 

現金がないので、しかたなく安売りで叩き売る

そうなったら終わりですね。

 

在庫の評価損で、赤字。

今度はお金も借りられなくなる

 

 

 

見てきたような話ではなく、体験していました。

 

 

僕たち、零細店舗の店長、ひとり社長としては

在庫を抱えない、

月がわりで、売れ筋が変わることを前提に仕入するしかありません。

 

チャンスロスより、在庫の方が怖い。

 

 

うちのような店の商品だけでみても

 

なぜか1月と9月に売れる、ダイエット商材

なぜか4月になると売上が増え出す、パワーストーン

なぜか4月になると売上がぱたっととまる、 べにふうき

なぜか12月以外売れない 除菌剤なんか

 

リンクをたどってどんな商品か確認して下さい。

 

こうした商品や商品カテゴリーごとに動きのクセが

わかるのに2,3シーズンかかりました

 

 

ネットショップを立ち上げたら、石の上にも3年。

楽天に出店したら5年

 

そんなつもりで続けてみるしかないですね。

 

なにせ、僕たち凡人は、実際に体験しないと腑に落ちません。

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme