楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

ネットショップ 開業!その前に真剣に悩むべきこと

[`evernote` not found]
LINEで送る

business-841174_1920

 

ネットショップ開業を検討中のあなたに

ネットショップ開業したけど、売れ上げが上がらない

 

そんなあなたのためのアドバイスです。

 

僕への問い合わせでは

売り物は、ほぼ決まっている。

どこで売ったらいいのか?と言う質問が多いです

 

 

 

出店前の悩みどころが

どこのモールに出店するか、楽天やヤフーか、どこのレンタルカートがいいのか だったりしませんか?

 

 

もしそうだったら、悩むところが違っています。

 

 

 

もちろん、勉強だ、投資だ、まずははじめて見ようであっても

体力(資金)があれば何も問題ありません。

まずはチャレンジです!

走りながら考えるも、全然問題なしです

 

 

しかし、これからあげるの課題のどれかに悩んでしまうことは99.9%確実です

予備知識として持っているだけでも、全然違います。

 

ぜひこの記事を読み進めて行って下さい

 

 

 

ネットショップ開業前にもっと真剣に検討すべき課題

1.あなたの商品を買ってくれるのは誰?

2.いくつ(何人に)売ったら、目標とする売上になるのか?

3.ライバルは誰?

 

この3つ簡単なようですが、とかく忘れがち。

そして、後からほぞを嚼むことがよくあります。

 

 

すでにショップをオープンしていても、まだ答えがなかったら改めて考えてください。

 

 

あなたの商品を買ってくれるのは誰?

僕もいまだに、ついつい考えてしまいます。

「パワーストーンを愛するすべての人に」とか、「ダイエットを真剣に考えるすべての人に」

 

このパターンで商品を買ってくれる人を考えても、

誰も買ってくれません。

 

 

これは、本当ですよ。

惰性でやっていても気がつきません。

 

 

売上が伸び悩んだら、集客がうまく行かなかったら

試してく打差

 

勇気を持って、対象となるお客さんを絞り込む

絞り込んだお客さんに対して、適切な用語、言葉、言い回しで説明する

 

「みなさーんお静かに」では、なくて。

「はい、そこの人静かに」、「山田君、静かに」、ですよね。

そう言うことです。

 

 

自分に対しての呼びかけだと思わないと気がつかない!

あなたもね。

 

 

 

 

 

いくつ(何人に)売ったらいいのか?

よーく考えて欲しいのですが、

1つ売っていくら儲かるかってこと

 

あなたが1000円均一で商品を販売していて、粗利3割。

手数料、送料などで15%かかっていたら、手元に残るのは150円

 

 

あなたが30万円、稼ぎたかったら最低2000個。

毎日60個出荷しなければいけません。

 

 

これは正直、ひとりではギリギリです。かなり辛い作業です。

しかし、パートさんを雇える売上がありません。

 

 

つまり、どこかで続かなくなります。

 

 

アマゾン転売やっている人は、ここでつまづく人が多いようです。

無理、そんなにできないって。

アウトソースしたら、利益は50円残らない、

なんでこんなことしているのかと脱落

 

 

一定以上の単価、一定以上の粗利がないとネットショップは続けられません。

採算度外視の大手以外がネットスーパーに熱心ではない理由でもあります。

 

 

ライバルは誰?

ライバル、競合の調査って重要なのですが

重要と頭でわかっていてもやらないケースがありますよね。

ライバルの顔なんて見たくもない。

 

 

気持ちはわかるのですが、

ライバルはせっせとこちらの真似をしている。

それがネットでの商売です。

 

 

ライバルを見つけて、その上を行く、その斜め上を行く。

ライバルの弱点をみつけてそこを攻める。

 

 

これから商売しようって時は、どこでライバルを超えられるか

考えてください。

 

 

なんたって、金も時間も労力も限られているのが

僕たち、個人事業主(社員=社長=ひとり)ですから

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme