楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

いま、社長に必要なのは嫌われる勇気じゃない、値上げする勇気である

[`evernote` not found]
LINEで送る

9cef057618eb6c83ca306a307253f67b_m

教え子のひとりが

思い切って、商品の値上げをしたら
出荷数量が減って

利益と、自分の時間が増えた! と

報告してくれました。

 

意外ですか?

 

 

実はし、値上げしてもうまく行くためには条件があります。

 

 

店舗のオリジナルなコンテンツ

あるいは店舗オリジナルな商品

 

 

 

このどちらかは絶対的に必要です。

 

 

 

ライバル店とまったく同じことしか書いていない

自動販売機型ネットショップにはできません。

 

 

そして、値上げというのは経営を一番簡単に改善する手

かも知れません。

 

 

 

なぜならば値上げした分は純粋な利益になります。

粗利1000円の3000円の商品を4000円に値上げすると

 

 

利益は2000円です。

3000円の商品をもう1つ売るよりも楽なことが多いです。

 

 

 

うちの店では最初9800円だった商品が16,800円にしたものがあります。

売上数量は減りましたが、利益は増えています。

 

 

最初12,800円で売っていた商品が、2年間売れなかったので

40,000円にしたら3つ売れたなんて物もあります。

 

 

 

一般的に消費者は

高い物は品質がいいと信じています。

 

 

他より安い店には、安いなりの理由があると思われます。

つまり、何かが劣っていると思われるのです。

 

 

 

 

そして、常連客は本当にありがたい

品質が比較できないコーラだって

最安値の店からではなくて、馴染みの店から買います。

 

僕も、高確率でマツキヨではなく、セブンイレブンで買います。

 

 

 

価格が、購入決定のすべての条件ではないどころか

価格は単なる参考情報だったりします。

 

 

実は昨日、三島大社のお祭りの帰りに、
田舎のとあるバルで飲んでいたのですが

そこに来た二人連れのOLさん。

 

 

バルのパスタの値段を見て、安すぎるわよね。

もっと、高くたって注文するのに

 

 

僕がいくらぐらいならと気にならないと聞いたら

200円なら、まったく問題なし

400円だと、ちょっと躊躇だって。

 

 

 

さあ、そこの売れているのに、儲からないお店

貧乏暇なしを地で行くお店のオーナー

 

 

勇気を振り絞って値上げして、パートさんや社員に還元して下さい。

 

 

 

値上げを試さずに会社が潰れるのは、あなたのせいです!

 

 

 

 

なんたって、経営、ビジネスモデルを根底から変えることができる

値上げを決定できるのは社長だけですよね。

 

 

品質さえ、水準以上なら

店舗のオリジナルなコンテンツ

あるいは店舗オリジナルな商品ならば

 

 

値上げで救われる可能性があります。

 

 

値上げしても、納得してもらえるだけ
商品ページのクオリティーを上げる
ことに力を注ぐべきです。

 

 

 

 

ユニクロや阪急百貨店、マクドナルドに
コンサルをしてきた私が直接指導します

あなの店舗運営力を底上げする
逆転流 ビシバシ店長講座

 

指導レベルを維持するため人数制限しています
制限に達ししだい予告なく募集を中止します。

申込が可能な時に、お申し込み下さい

逆転流 ビシバシ店長講座

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme