楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

店長!ヤマトに送料を交渉して下さい

[`evernote` not found]
LINEで送る

本当に始めたばかり、注文も月に数個。

だったとしても、ヤマトに送料を交渉する方法があります。

 

1.手書きだったら、ヤマトのB2にする

2.配送の人に、缶ジュースを時々ごちそうする

 

たったこれだけです。

 

そして、ドライバーにセンター長の名前を聞き出します。

センター長が集荷に来たときがチャンスです。

 

これから本気でネットショップをやるので、協力してもらえないかと、お願いします。

ヤマトで価格決定権を持っているのはセンター長ですが、持ち帰って相談するのは同僚のドライバーで、同僚のドライバーは「あそこならいいんじゃない」と一言賛成すれば、価格交渉成立です。

そして、もし手書き伝票だったら、それをB2にするだけで100円ぐらい値引きしてくれます。

 

センター長に、手書きからB2にするから、ちょっと勉強して、、、と。

 

どうです?

簡単でしょ?

 

ちなみに、僕は3回交渉しています。

最初は始めたとき、これから通販をやるんで、お願いします!といきなりドライバーに。

後で聞いたら、一般家庭でB2を使うところなんかなかったので、ダメ元でと言うことらしかったです。

 

2回目は、ほぼ毎日出荷ができるようになった時、もっと大きくしたいんでお願いします!

こんなに増えるとは思っていませんでしたと、

 

3回目は、月間300を超えたとき、ねぇ、センター長、気持ちでいいからお願い!

そろそろ値下げしてあげてもいいんじゃないかと、ドライバー同士で話が出たことがあるらしい。

 

ヤマトのセンターへ直接乗り込んで交渉しても、多分無理ですね。

センター長は配達中が当たり前。そして事務員、作業員には普通はなんにも権限はありません。

 

値引きが難しいエリア、東京23区内。

特に銀座は難しい、本社管轄ですしね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme