楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

伝え方が9割。。それってホントにあるパレートの理論

[`evernote` not found]
LINEで送る

伝え方が9割

伝え方が9割、

著者サイン入り!

誠志さま
コトバのチカラ と書いてある

僕が自分のためにもらった唯一の著者サイン入り

 

世の中には色々な理論があって、思いついた人が勝手に言っている場合もあるし

有名人ならそれが、真実のように聞こえる、けど真っ赤なSTAP細胞みたいなこともあるよねぇ。

 

まっ、それはともかく世の中でよく聞くのは2:8の法則

  • ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。
  • 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール
  • 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
  • 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

出典はwikiのパレートの理論、好きな人はみて下さい。

 

ネットで通販しているとわかりますが、これってかなり確実ですよね。時には1:9の法則になったり、4:6の法則になったりですが

 

多くの場合、わずかな部分で大多数を占める

 

楽天店長のためのパレートの理論(2:8の法則)実践編

例えば、我が楽天店舗へのアクセス、

これを2:8の法則で考えると

 

8割のアクセスは2割のキーワードが集めてくる。

8割のアクセスは2割の参照元で占める。

売上の8割は2割の商品で作る。ということになるのでしょう。

 

 

さっそく調査開始

 

 

rmsの商品ページアクセスランキング(ログインしておいてクリックすれば自分のrmsで見れます)、上位2割のページで8割のアクセスを集めているのか?

 

うん、先週は300pほどランクに入っている(アクセスされている)ので上位2割の60pで70%が集計値。3:7の法則ぐらいだ

 

そしてパレートの理論が面白いところは、上位20%をさらに絞り込んで行くと同じような数字の法則が出てくるところ。

 

そこでこの上位60pの2割は12pで調査

 

おっと、わずか12pで上位60pで集めていたアクセスの約70%のアクセスを集めてる!

商品点数は900以上あるのに。

わずか12pで全体アクセスの5割。

 

結論

上位4%で全体のアクセスの5割だ。と言うことは

12ページのページコンバージョンを倍増すれば売上は2.5割増しになると言うこと。

 

商品ページのアクセスランクのトップ10を改善し続けるだけで売上は増える

 

もっと具体的に目標を言おう

 

アクセス数、上位10位までの商品がどうやったら売れるか考えて、一日2商品づつ改善する

それを毎週続ける。

 

例えば

  • 商品の解説を増やす
  • 写真を増やす
  • 動画や音声での説明を入れる。
  • わかりやすい説明にする。
  • あなたがお客さんだったら自分の説明で買う気になるかを考える。
  • 自分で考えられないとは、家族や友人に聞く。耳が痛い、腹のたつ意見でも取り入れる

 

なかなかできないことですが、やれば売上アップ間違いなし

ちなみに、購入があった商品ページの平均コンバージョン率は10%でした、

ところが繁忙期には20%を超えます。

自分での反省は、季節にあった商品説明がされていないと言うことか。

 

 

 

追加情報

それでは売上を上げていたページ数は23p、なんと。全商品の3%で売上全部!

(注意:面倒なのでPCしか計算していません)

アクセス数で言うと売上を作ったのはたった4割のアクセス

 

さらに

売れなくてもロングテールで商品を増やすと、全体がアップします。10商品の2割は2商品、100商品の2割は20商品

強力な1商品を作れば、全体が底上げされます。

2:8の法則で引っ張られる

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme