楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: ネットの集客方法

2017年 ネットショップの最強の集客術はコンテンツマーケティング

 

 

mosimo

 

 

もしも大学専任講師、どろっぷシッピング研究所 所長の 奥成先生との対談しました!

 

 

楽天の店長で、ネット専業の人なら一度は検討したことがあるはず

ドロップシッピング。

 

 

 

商品の梱包や発送をしなくてもいい、

受注事務をしなくてもいい、電話もかかってこない

 

集客さえできれば

後の手間は、ベンダーがすべて引き受けてくれる。

 

 

 

つまりドロップシッパーは、集客の専門家です。

 

 

そこで今、ドロップシッピングはどのように集客しているのか

奥成先生に聞いてみました。

 

 

最近はキーワード広告のコストが合わなくなってきており、

ドロップシッピングは今は、基本的にブログで集客しているそうです。

 

 

まさにコンテンツマーケティング

 

 

僕もコンテンツマーケティングやオウンドメディアは得意なのですが

時間がかかる、手間もかかり、すぐに成果がでない。

 

じっくり構えて、長期戦の覚悟が必要。

 

 

そんなわけで多くは語ってきませんでした。

 

 

 

しかし、楽天も、広告出せば売上が上がる時代ではありません。

自分独自の集客術が必要になっています。

 

 

そこで、今回のこの対談となりました。

 

 

集客に悩んでいる

楽天のSEOだよりで売上が下がっている

現実的な集客方法を知りたい

 

そんな店長、必見です

 

関連記事

時間がない、金がない、パソコンスキルがない 3ない店長に 楽天SEO

seach

広告なんてギャンブルできないよ!

問題ありません。

SEOのいいところはお金がかからないところ

 

技術なんてないよ!

問題ありません。

HTMLなどこれっぽちもわからなくても、売上アップ、アクセスアップの対策ができる唯一の方法

それがSEO対策!

(さらに…)

関連記事

セールスレターの書き方の秘密は、、

213d6d3437dac2e5e87e7abf6c79b5e0_m

ライティングのセミナーに行ってきました!

 

 

ライティングに大切なのはテクニックよりマインドセット

マインドセットが8割

テクニックよりコンセプト

テクニックはスワイプファイル(他社の前例)が一番大切

 

 

要約するとそれだけです。

 

わからない、よねぇ詳しくはこの続きを読んでいただくとして

 

ネットで何かを売ろうと思ったら時に

必須の物ってなんだかわかるかな?

 

 

 

(さらに…)

関連記事

YahooのSEO対策必勝法

YahooのSEOに必勝法があるの知ってましたか?

 

ある店長からYahooは順位が買えるって本当ですかと聞かれて思い出しました

 

Yahooの検索順位はお金次第です!

ただし、お金持ちの業界では

有力店舗すべてがお金を出して

結果、お金を出した効果が薄くなると言う

実に資本主義を体現したような、adwordsのような結果になっています。

 

 

検索順位をお金で買う機能のことをPRオプションといいます。

楽天でも頑張っているとか、Yahooである程度売れている。

評価がよいとか、僕たちのあずかり知らない基準があって、生きている(物を売っている)店舗に連絡があります。

 

 

クリックして買った分だけと言う誠にリーズナブルに思える料金です。

 

 

 

楽天のCPCみたいに、クリックした分だけ、などと言う空恐ろしい料金体系ではないはずです。

 

例えば楽天で消臭スプレーはCPC広告で1クリック331円です。

僕が広告している商品は3850円。

 

そしてだいたい80回ぐらいクリックされると1つ売れるぐらいの感じです。

1つ売れるまでと思ってお金を足していったら、そうなりました。

3850円の売上のために、2万円ほど使ったことになります。

 

怖いので楽天のCPC広告では2度と消臭スプレーのキーワードは買いません

 

 

アホか楽天!!

 

 

 

しかし、YahooのPRオプションはもっと恐ろしいことが起こりました

 

常連さんで1回7万円ほど買っていただける方がいるのですが

なんとこのお客さんは、購入履歴からではなく、キーワード検索から買っていました!

ある店長からの指摘で、このPRオプション料金は必ずかかるそうです

商品別PRオプションで、粗利に余裕がある物やってますとのことです。

 

Yahooの請求を見てびっくりです。

PRオプション10%から、3%に下げましたよ。

 

さすが損さん!

商売うまい!

 

損して得とれの料金無料です。

 

 

しかしPRオプションの料率を下げたら

売上が3割ダウンしたままです。

 

 

 

努力より金!

 

孫さんらしいよ、世の中金、金、置いてけ金!

 

ここまで書いて3日後

 

最近びびって設定をはずしたPRオプション

つけなおしたら

1週間売上ゼロだった店舗に毎日売上があります。

 

現金なヤツってこいつのことです。

 

 

関連記事

集客の魔法の杖を教えます。

あなたも集客用の魔法の杖を1本いかが?

 

24日に中小機構(中小企業基盤整備機構)とNIFTYが共催?する

「2016年EC戦略セミナー」集客の悩みはみんなで解決!
ネットショップ運営者のためのワークショップ

と言う物に行ってきました。

 

久しぶりに丸一日、暇つぶしのつもりで東京へ行きました。

しかもバスで新宿に行って、バスタ新宿で初めて降りました。

もうお上りさん状態で、方向がわからなくキョロキョロしながら

田舎にいると気がつきませんが、外人が多い。確かに増えている。

 

暇なんで、色々と考えていたら、アイデアが出てくる出てくる

煮詰まったら環境を変えるのは絶対にいい!と学習してきました。

 

 

 

閑話休題

肝心のセミナーですが結論から言えば新発見なしです。当たり前ではありますが、、

今回のセミナーでは集客についてワークショップ形式で参加店舗と話し合うスタイルだったのですが、もうちょっと、経験を積んだ店長と話ができればよかったのですが、ファシリテーターとして参加しているHP制作会社からして、ネタ不足でした。

実体験を元にしたリアルな話か、数字が欲しいですよね。

 

ただし、とても記憶に残った言葉があります。

 

なぜ集客が少ないか、その理由は

 知られていない
 探されていない
 シェアしてもらえていない

なぜ、こんな当たり前な言葉が記憶に残ったかと言えば

 

知られようとしていないよなぁ、知られるために何をしたらいいのかわからないよなぁ

探されていないって、SEOをメインで考えていたら厳しいよなぁ。でも、そう言う商品で楽天に参加している店長多いよなぁ

シェアしてもらえないどころか、シェアって何のこと、なんて店長も多いよなぁ

 

1つ、1つごもっともで、

言葉がわかりやかったので、刺さったのでした。

 

 

そして集客に

■ 魔法の杖はない

確かに、ないです。

ハリーもサリーちゃんも、メグちゃんもファンタジーです。

集客に魔法の杖があったら、高くて使えないか、みんなが使ってアッという間にすり切れちゃうでしょうねぇ。

 

 

しかし、魔法の杖に近い物なら知っています。

テレビ!

情報番組で取り上げてもらうこと、できればNHK。

情報番組のネタって、最近じゃ使い回しが当たり前なので、2度3度と使ってもらえる。

NHKの情報番組に取り上げられると、朝から注文が止まらない、壊れたスロットマシン状態になります。

(僕の商品はないけどね、(;_;)、アドバイスしたところが取り上げられたことはあります)

メーカーなら日経MJや地方紙に、にプレスリリースを送り続け、何回か採用されると、どこかのTVが取り上げる確率があがります。

 

テレビなんてそもそも無理ではなくて、可能性はあります。

 

特徴(地産地消、特許、新素材、便利、その他大義名分)があれば新聞にのって、新聞に載ったら番組制作会社がみつけてくれる。

 

 

@Pressなんて使わなくても、日経MJと地方紙だけでもいいですよ。

FAXでイインです。とアドバイスしたら、ホントにビンゴしちゃったおじさんがいます。

この方法は、ある建築会社の社長に教わったのですが、住宅に大義名分なんてあるのでしょうか?

 

そこでは間伐材を使ったが大義名分でした。

 

 

さあ、この魔法の杖、使えますか?

 

魔法の杖が使えなければ検索してもらえるようにSEO。

がんばりましょう、地味ですが、効果も長い。

楽天のSEOマニュアルはこちら

一般サイトのSEOマニュアルはこちら

 

 

 

と調子よく行くのが一番なのですが

探されていないとSEOも意味をなしません。

 

例えば、

竹ほうきを、ネットで探して買う人いますか?

キッコーマンの醤油をネットで探して買う人、いますか?

もし、いないと思ったら、終了のゴングがなります。

 

全く探されていない商品はないのですが

検索する人が少なくて市場規模がない物もあります。

ありふれた商品は、探さずに、スーパーに買いに行きます

 

しかし、探されていないのではなく

見つけてもらえないとしたら?

SEOが意味を持ちます。

 

探されていないのか?見つけてもらえていないのか?

 

 

お客さんはどうやって探していいのか検討もつかない

お店が誰が探しているのか想像ができない

この2つがそろうと

SEOどころか、広告も意味がありません。

 

雨の日に手を上げていても、気がつかずに通り過ぎる空車のタクシーですね。

 

 

 

さて、竹ほうきと醤油の例ですが、こんな考え方有りですか?

 

 

 

例えば竹ほうき 

三島大社で朝掃除をするときに使っている竹箒、庭が300坪ぐらいある家に住んでいたら欲しくなるかも知れません。

それとも商売を庭の掃除にしますか?

 

キッコーマンの醤油

九州では、探しました、探してもなかったので、セブンイレブンの正田醤油を買いました。

海外に住んでいたら、日本から醤油を取り寄せるかも知れません。

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme