楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: 店長の仕事

商品の企画に必須 年間マーケティングカレンダーを無料ダウンロード

model-3063341_1280

」マーケティングには蓄積が大切

まいどまいどゼロからイベントを企画を考えていると面倒になりますねぇ

 

参考になる過去のチラシや企画の記録があればぐっと楽になるのですが。

 

 

僕達の規模ではなんらかの痕跡が残っていればマシな方で

前の店長が何したのかなんてわからない。

 

自分でやったけど、イベントの中身を覚えていない。

イベントで売れた商品もわからない・

 

 

それどころか

「去年の今頃、何が売れてたんじゃろ?」

「なんで、去年は売れたのに今年は売れないんだろう?」って

思ったことありませんか?

 

 

 

例えば、うちの場合、あるダイエット商品は春、秋、正月に売れます。

花粉症対策の商品は3月で終了。

 

などなど、かなりはっきりとした傾向があるのがわかります。

 

それが事前にわかっていれば、

関連商品を準備することもできます。

売れてから仕入れようとしても、メーカーは次の季節の準備で

品物がないのは当たり前です。

 

 

でも、そうした経験を積むのに最低3年かかんじゃないかな。

 

 

僕の場合は、

1年目は、わけがわからず。

2年目になって、季節によって売れる商品が変わることをなんとなく実感。

3年目で、季節変化を確信して仕入れの調整。

4年目ではじめて季節に合わせた企画にチャレンジ。

 

 

そんな感じでした。

 

 

広告は、売れているときに入れるべきか、

売れなくなったら入れるべきか。。。

 

いつ仕入れるべきか、

いつ仕入れを止めるべきか、

 

 

マーケティングカレンダー

経験を蓄積するまで3年も4年も待てませんので

 

 

 

アフィリエイター的な知識を元に

どんな商材がいつ動くかをエクセルの表にしてみました。

 

ダウンロードはここから

 

エクセルシートの簡単な解説動画です

 

 

アフィリエイトをしている人は、こういったおぼろげなキーワードから

狙い目のキーワードを探し出して、アフィリエイト(商品の紹介)を

しています。

 

 

アフィリエイトをする人たちは、売れるときに合わせて売るための

ページを作っていきます。

 

 

僕たちそれをならってイベントやマーケティング、

商品の仕入れ、売れ筋を考えるきっかけにしてみましょう。

 

 

これじゃ手がかりにならない、

もっと詳しいヒントが欲しいという人には

ヤフーの販促カレンダーをお勧めします。

 

 

ベテランでも、よほどしっかりした会社でないと

紙に書いて残してあることは少ないですよね。

 

何かしたという痕跡、残っていますか?

 

 

参考になるようであれば、あなたのお店に合わせて、

これに書き足してみて下さい。

 

 

 

まず、あなたが最初にすべきことは、このキーワードを元に

何をするかかんがえること、

 

そして注力する商品を準備すること。

 

準備した商品が売れるように

商品ページを作り、SEOをしかけ、

広告をだし、メルマガを書くことです。

 

 

「言うは易し、行うは難し」ですねぇ。

反省です。

 

エクセルシートの簡単な解説動画です

関連記事

いま、社長に必要なのは嫌われる勇気じゃない、値上げする勇気である

9cef057618eb6c83ca306a307253f67b_m

教え子のひとりが

思い切って、商品の値上げをしたら
出荷数量が減って

利益と、自分の時間が増えた! と

報告してくれました。

 

意外ですか?

 

 

実はし、値上げしてもうまく行くためには条件があります。

 

 

店舗のオリジナルなコンテンツ

あるいは店舗オリジナルな商品

 

 

 

このどちらかは絶対的に必要です。

 

 

 

ライバル店とまったく同じことしか書いていない

自動販売機型ネットショップにはできません。

 

 

そして、値上げというのは経営を一番簡単に改善する手

かも知れません。

 

 

 

なぜならば値上げした分は純粋な利益になります。

粗利1000円の3000円の商品を4000円に値上げすると

 

 

利益は2000円です。

3000円の商品をもう1つ売るよりも楽なことが多いです。

 

 

 

うちの店では最初9800円だった商品が16,800円にしたものがあります。

売上数量は減りましたが、利益は増えています。

 

 

最初12,800円で売っていた商品が、2年間売れなかったので

40,000円にしたら3つ売れたなんて物もあります。

 

 

 

一般的に消費者は

高い物は品質がいいと信じています。

 

 

他より安い店には、安いなりの理由があると思われます。

つまり、何かが劣っていると思われるのです。

 

 

 

 

そして、常連客は本当にありがたい

品質が比較できないコーラだって

最安値の店からではなくて、馴染みの店から買います。

 

僕も、高確率でマツキヨではなく、セブンイレブンで買います。

 

 

 

価格が、購入決定のすべての条件ではないどころか

価格は単なる参考情報だったりします。

 

 

実は昨日、三島大社のお祭りの帰りに、
田舎のとあるバルで飲んでいたのですが

そこに来た二人連れのOLさん。

 

 

バルのパスタの値段を見て、安すぎるわよね。

もっと、高くたって注文するのに

 

 

僕がいくらぐらいならと気にならないと聞いたら

200円なら、まったく問題なし

400円だと、ちょっと躊躇だって。

 

 

 

さあ、そこの売れているのに、儲からないお店

貧乏暇なしを地で行くお店のオーナー

 

 

勇気を振り絞って値上げして、パートさんや社員に還元して下さい。

 

 

 

値上げを試さずに会社が潰れるのは、あなたのせいです!

 

 

 

 

なんたって、経営、ビジネスモデルを根底から変えることができる

値上げを決定できるのは社長だけですよね。

 

 

品質さえ、水準以上なら

店舗のオリジナルなコンテンツ

あるいは店舗オリジナルな商品ならば

 

 

値上げで救われる可能性があります。

 

 

値上げしても、納得してもらえるだけ
商品ページのクオリティーを上げる
ことに力を注ぐべきです。

 

 

 

 

ユニクロや阪急百貨店、マクドナルドに
コンサルをしてきた私が直接指導します

あなの店舗運営力を底上げする
逆転流 ビシバシ店長講座

 

指導レベルを維持するため人数制限しています
制限に達ししだい予告なく募集を中止します。

申込が可能な時に、お申し込み下さい

逆転流 ビシバシ店長講座

関連記事

マーケティングで物が売れるか!

baby-84626_1920

 

昨日、CTW(Catch The Web)のマーケティングのセミナーに行って来ました。

メルマガで紹介した物には時間がある限り行くようにしていますが、

そのレポートです。忘れないうちに

 

 

 

ところで、あなたはマーケティングの定義を知っていますか?

マーケティングを意識しながら仕事をしたことがあります?

商学部を出ている僕が言うのもなんですが、マーケティングとはをググった結果

 

なんのことだからねぇよ!」になってしまいました。

 

 

我が母校の定義によると商品を消費者に効率的にに届ける経営技術のことだそうです。

 

ついついマーケティングで物が売れるか!と言いたくなります。

 

(さらに…)

関連記事

ネットショップを本気で考えている人が見習いたい店長

昨日、同じ静岡の楽天店長に新商品と相互商品の融通について話をしてきました。

僕が探している商品の知識がすごい人なので、アイデアが出てきました。

 

今日はこの店長の仕事の秘密をばらしちゃいましょう。

この店長は、出店2年目なのですが、12月は200万円突破だそうです。

 

 

色々売っていますが、とっても強い商品が1つあります。

しかし、この商品、ドラッグで安売りの目玉になるような商品です。

そんな価格競争が厳しい商品で、2年目で200万。

しかも、ちゃんと利益を出して。

 

 

 

これって相当にすごいことですよね。

 

ぜひ、真似をしたいすごい秘密がありました。

 

 

 

1.お客さんのリピートを調べて、文面を変えている。

   注文が少ないときはできますよね!

   しかしやらない店長が圧倒的に多い

   リピートしやすい商品で、リピーターを作る。これ重要です。

   しかもこの店長、この人は14回も来ているとか、確か3回目とか

   なかなかできるものじゃありません。

   

 

2.ぎりぎりまで出荷している

   個人商店だからこその、無茶な出荷スケジュール

   出荷量が少なければ差別化のポイントになります。

   夕方6時の注文も出荷しちゃっています、お客さんにはうれしいですよね。

 

3.商品を工場まで取りに行っている。

   かさばる商品なので、仕入に運賃がバカにならないという

   単純な理由ですが

   ある意味工場直販の利益率が作れます。

   そんな取引ができる人間関係が作れることもすごいと思います

 

4.内職の人を使っている

   自分じゃやりきれない作業を、内職にお願いしています。 

   

5.オリジナル商品化している

   多くの商品が、オリジナル商品っぽいです、OEMとも言えますね。

   普通に仕入、小売では利益がだせませんから。

 

6.梱包もいいよね   

   楽天の宅配ボックスと、楽天の梱包テープ

   http://item.rakuten.co.jp/hansoku/c/0000000211/

   仕入商品が入ってきたダンボールの使い回しではありません

 

7.最近カメラを買ってさあ   

   ニコンのカメラにタムロンのマクロレンズ <–うらやましい

   そして写真がとても進化しています。

   商品写真ではなく梱包まで、これは見習わなきゃ

 

 

通販の人ではないのですが、とってもベーシックに通販をわかっている人なんだなぁ

関連記事

おまえなんか店長失格だ!と思う時

楽天の店長も8年目

転職を繰り返して来た僕の中でも一番職歴が長くなりそうです。

 

 

やってきたことはSEやIT関連の仕事ばかりですが

 

自分でネットショップを経営して、ほんと、心の底から思います。

 

俺は店長不向きだなぁって

 

 

めんどくさがり

細かい仕事が苦手

チェックも嫌い

メールの返事を書くのも苦手

 

 

それでも通常出荷ミスはほぼゼロ(パートさんより少ない)のですが、

 

 

新しい作業、不慣れな作業

例えばSEOマニュアルの発送などをやると

てきめん、ほぼ確実にどこか間違えている。

 

 

そんな時は自分で、おまえなんか店長失格だと思いますが

 

 

店長の仕事は出荷作業や商品ページのメンテナンスではない仕事

売上を上げるために何をするのか考える仕事にしたい物です。

 

 

オマケをつけるときは、どのオマケがいいのがちゃんと考えます。

ゴミが少ない、丁寧に見える、そして荷崩れがない梱包もちゃんと考えます。

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme