楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: yahoo出店

YahooのSEO対策

SEOと言うと、どんなテクニックで検索順位をあげるかですが

 

細々とした違いに加えてYahooにはPRオプションがあります。

キーワードの使い方は公式マニュアルに楽天より詳しく説明されていますが

実態は楽天よりわかりづらいかも知れません。

 

商品名の付け方に注意

楽天のYahooの違いは

Yahooでは商品名をすっきりさせろ(短く、キーワードを前に)ですね。

 

楽天では今のところ長い商品名でもOKですが、Yahooはすっきりさせろです。

そして重要なキーワードほど前にですね。

 

 

そうなると2番手、3番手キーワードを入れることができなくなります。

そんな時、商品名から外したキーワードは商品情報の設定に入れます。

image

 

 

 

ニッチキーワードを探せ

SEOで肝心なのがどんな言葉を検索用キーワードにするかです。

これは楽天でもYahooでも共通の考え方でいけます。

 

もちろん、利用する年代層、性別などによって違って来ます。

例えば楽天ユーザーよりヤフーニュースを見ているんじゃないか。なんて想像もできます。

 

だったら、、、とそんなことを考えてキーワードを拾っていのですね。

 

サジェストキーワードを拾う

楽天のキーワードを使って見る

amazonのキーワードを使って見る

 

 

などの工夫をして上位になって、売上がとれるキーワードを見つける方法は

試行錯誤だけです。

 

 

PRオプションを使え!

 

楽天にしても、yahooにしても、ビッグキーワードで検索上位になるのは難しい物です

 

Yahooの場合そこで使えるのがPRオプションです

 

しかし、PRオプションの料率を上げて、検索上位になっても、

僕の商品の場合、そうそう売れる物ではありません。

 

 

結局、楽天よりよほど広告費にお金を使っている気になります。

 

それは、ともかくPRオプションが2カ所にあることを知らない店長もいるようなので

この動画を用意しました

 

 

関連記事

Yahooの一部商品無料、一部商品都道府県送料の設定

4回目のチャレンジでやっと、送料設定の秘密がわかった。

俺が馬鹿なのか、Yahooのマニュアルが馬鹿なのか

コールセンターのねーちゃんが馬鹿なのか。

 

ちょっと聞きたいんだけど

あなたは、すぐにできた?

 

 

やっとわかったよ。

 

なんだろうねぇ、このイライラ感のある設定方法は

僕がやりたいのは

 

楽天的に

 

この商品は送料無料

この商品は送料は都道府県別

にしたいだけなんだけど

 

 

わかったことは、

Yahooの場合

 

商品毎に送料を設定することは出来ないというコンセプト。

 

楽天的なシステム設定で頭が固くなってますねぇ。。。

つーか、やっぱりYahooは変!

 

送料無料にするのなんで重量、なんで2軸。

 

しかし、まあ、考えようによっては設定バリエーションが広い

 

 

ストア構築 → カート設定 → 配送方法、送料設定

 

3番の宅配便設定を見て欲しい

image

 

2軸による設定

image

 

 

送料入力をボタンをクリックして、

県別送料の設定が終わると、こんな状態。

 

image

重量が0で都道府県別通常送料

重量が1で送料無料のつもり

 

 

次は商品の設定で重量を入れる

送料無料商品は重量1

送料がかかる商品は、登録しっぱなしのブランクか0を入力

 

何か海外のソフトを移植したみたいな送料の思想ですね。

 

藤田さん、覚えておいてください、僕はこれで忘れます。

関連記事

YahooのSEO対策必勝法

YahooのSEOに必勝法があるの知ってましたか?

 

ある店長からYahooは順位が買えるって本当ですかと聞かれて思い出しました

 

Yahooの検索順位はお金次第です!

ただし、お金持ちの業界では

有力店舗すべてがお金を出して

結果、お金を出した効果が薄くなると言う

実に資本主義を体現したような、adwordsのような結果になっています。

 

 

検索順位をお金で買う機能のことをPRオプションといいます。

楽天でも頑張っているとか、Yahooである程度売れている。

評価がよいとか、僕たちのあずかり知らない基準があって、生きている(物を売っている)店舗に連絡があります。

 

 

クリックして買った分だけと言う誠にリーズナブルに思える料金です。

 

 

 

楽天のCPCみたいに、クリックした分だけ、などと言う空恐ろしい料金体系ではないはずです。

 

例えば楽天で消臭スプレーはCPC広告で1クリック331円です。

僕が広告している商品は3850円。

 

そしてだいたい80回ぐらいクリックされると1つ売れるぐらいの感じです。

1つ売れるまでと思ってお金を足していったら、そうなりました。

3850円の売上のために、2万円ほど使ったことになります。

 

怖いので楽天のCPC広告では2度と消臭スプレーのキーワードは買いません

 

 

アホか楽天!!

 

 

 

しかし、YahooのPRオプションはもっと恐ろしいことが起こりました

 

常連さんで1回7万円ほど買っていただける方がいるのですが

なんとこのお客さんは、購入履歴からではなく、キーワード検索から買っていました!

ある店長からの指摘で、このPRオプション料金は必ずかかるそうです

商品別PRオプションで、粗利に余裕がある物やってますとのことです。

 

Yahooの請求を見てびっくりです。

PRオプション10%から、3%に下げましたよ。

 

さすが損さん!

商売うまい!

 

損して得とれの料金無料です。

 

 

しかしPRオプションの料率を下げたら

売上が3割ダウンしたままです。

 

 

 

努力より金!

 

孫さんらしいよ、世の中金、金、置いてけ金!

 

ここまで書いて3日後

 

最近びびって設定をはずしたPRオプション

つけなおしたら

1週間売上ゼロだった店舗に毎日売上があります。

 

現金なヤツってこいつのことです。

 

 

関連記事

Yahoo出店で改めて考える サンクコスト オポチュニティーコスト

サンクコストとオポチュニティーコスト、最近よく目にしますがいつから使われだしたんでしょうか?

少なくとも僕は大学で教えてもらった記憶はないです

その前に、大学の授業に出ていた記憶もないけど

 

専攻は「物々交換経済における、高換金率の現金決済手段の確立」ですから、

理系ではないので鉄球の弾道計算はやっていませんでした。

あの当時は換金できないパチンコ屋が存在したんです。

(ホントに、池袋でした。今はビッグカメラです)

 

 

このオポチュニティーコストとサンクコストという言葉をふと

思い出したのは

 

Yahoo店の売上を見ていたときです

この程度の売上にしかならないんだったら、楽天でもっとがんばった方がよかったのかなぁ。

これって確かオポチュニティーコストって言ったっけかな(静岡弁です)

 

 

オポチュニティーコスト(機会費用)という言葉

簡単に言えば失敗したなあ、あれやっといた方がよかったかな、です。

なにかをすれば、なにかができない、本当はどちらがよかったのか?

楽天で新商品を出品するより、Yahooに既存商品をもっと売っていた方がよかったかなぁ

と言う問題です。

 

 

それとペアで思い出したのが

サンクコスト(埋没費用)という言葉

このまま続けていても傷口が広がるだけだ、撤退!です。

撤退する勇気のコスト

2011年頃に出した、楽天の2店舗目ですが、クローズせずに、続けておいた方がよかったなぁ。

せっかくレビューもったいないなぁ、デザインの費用ももったいないなぁ

しかし、この2店舗目の2年目の売上が悪い!1点物の欠品が多い

お詫びのメールに疲れた、このまま続けていても疲れるだけだ、撤退でした。

 

結論は

忙しい店長が一番気にすべきは、時間を何に使うのが一番稼ぎになるかです。

それは断言できるのですが

じゃあ自分が正しいの?人に言えるほど立派?

となるとはなはだ疑問ではありますが

 

 

僕の場合はSEOに時間をかけてから、売上が上がってきたと言うのが事実です。

自分でバナー1枚作ると半日かかりますからねぇ、

この作業効率では、デザインには時間をかけられませんでした。

 

関連記事

新米店長 Yahooショッピングのすごい年度末セールに参戦

うちのお店のパートさんの中に、他の店舗もやっている人がいます。

 

他の店舗というのが、アジアン・アフリカ雑貨のお店

今までカラーミーでやっていてぜんぜん売れなかったのでYahooに出店するというのを手伝っているのですが

この雑貨店、パソコンをいじれるのは彼女だけらしいです。

 

そろそろWEBまわりをいじれる人がパートさんに欲しいなあ、と思っていたので

このパートさんに、WEB周りの作業を教えることにしました。

 

 

Yahooはすごい年度末セールだね、と話を振ったら

何かした方がいいでしょうか?だって

 

 

そうだよね

新米店長だと、ほんと何をしていいのか思いつかない

 

楽天はその点はきっちり指導(?)をしています。

50%OFFに登録しろ

ポイントアップをしろ

1000円ポッキリを作れ

お気に入り登録を増やせ

 

そこで僕は今回の楽天は、盛りだくさんの画面にしました

買い物かごを大きくする

お気に入りボタンを大きくする

クーポンをつける

豪華3点セットの対策です。

 

 

パソコン画面はこんな風になりました。

image

 

しかし、今回のスーパーセールは不安です

 

何しろ売り物がない、

花粉対策のおちゃとして名高いべにふうきですが、今年は売り切れてしまってもう商品がない。

 

もともと生産量が少ないのですが、、、

困ったことに、代わりの商品が、、、ありません

 

画面周りを工夫したら売れるか?

デザインだけで売れるなんてことはないですから

やっぱり訴求したい商品が欲しいですね

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme