楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: リピート客育成方法

楽天で、自前のメールリストを作る方法

メールアドレスを備考欄に書いたら、XXXXをプレゼント

 

2倍に増量

XXXをもう1本

 

それだけです。

 

レビューでおまけよりやや少ない程度のメアドが集まります。

 

もちろんおまけは、上代が数百円以上の物を準備しています。

 

バッタ屋みたいなところから仕入れたり、中国雑貨をやっている知り合いに調達してもらったり

元々原価が安いので、広告代と思って諦めたり

 

 

おまけが目的だから、反応しないと思うでしょう?

 

 

ところが、反応します。

メールを流すと、

 

激安だけでおしまいにしたら、それだけ。

 

ほんと、バーゲンハンターって多いんだ、

もう安売りなんか絶対にしない!

 

僕のやった流れは

メールアドレスをもらう

もらったところで、自前のメルマガに登録

 

メール1通目は

使い方の案内、とタダでもらえるモニター商品

 

メール2通目は

より進んだ(裏技的)使い方、

ブログへの誘導

 

メール3通目は

お客さんへのプレゼント付アンケート

(システムなんか使っていませんよ、教えて下さい、教えていただけたらプレゼント差し上げますから、住所も書いておいて下さい)

 

メール4通目

アンケートに関連した商品の販売

備考欄にXXXXと書いていただけたら、XXX引き

 

途中経過の詳しい数字は省略しますが

さあ、この段階まで行ってどれぐらいの購入率でしょうか?

今のところ12%が最高です。

100人で12人が買ってくれたんです。

 

 

 

 

あり得ないでしょう、楽天のメルマガじゃ

 

一度、メールを送った時以外にも買っているが調べなきゃ。

 

なぜこんなことになったのでしょうか?

 

その理由は、気が向いたら解説します。

あまり聞かせたくないので

関連記事

クーポンの効果的な使い方

クーポンは自分で配ることが大前提

楽天が配ってくれることはありませんので、どれだけ多く配れるかはあなた次第。

僕はレフトメニュー、サンクスメールのテンプレートに入れて配っています。

 

しかし、それだけでは、最大でも注文があった人数+メルマガクリックした人数

 

 

1週間に10人しか注文がない始めたばかりのお店ならば10件受け取ってもらえたら上出来。

現実的にはせいぜい2、3人。クーポン作る作業がじゃまくさいぐらい。

 

 

そんなんじゃ売上伸びないじゃん。

しかし、そう言う物です。

 

 

クーポンはリピートさせるための手段です。

初見、裏を返して、馴染みになる。そのための手段として考えることが基本です。

もう1回早いうちに来てもらうためにはどんなクーポンがいいのか?

値引き?送料無料?

もちろんお得感がある方に決まってますよね。

3回来てもらうまでは、儲けは不要とがんばるか。

単なるサービスなのかは考え方次第

 

 

 

新規を取るためのクーポン

口コミしてくれるクーポン

誰かのブログで話題になると、獲得してくれる人がドカンと増えます。

無料情報とかお得情報を探して、教えるのが好きな人って結構多いです。

 

 

2週間のクーポンで748人配布が、うちのレコード

新規客もたくさんきました。

 

ただし、200円クーポンで利用下限なし。商品がタダでもらえるに等しいクーポンですからそりゃ客は来ます。

150人が使用しました。もちろん広告費と割り切ってのクーポンです。

 

クーポンを使うのは、せいぜい2、3割です。

 

 

 

フェースブックでクーポンを配るとどうなるか?

やったことがありません。誰か友達が多い人はやってみて下さい。

もらう人は多いし、話題になれば面白い!

ただし、話題になるほどスゴイクーポンを考える必要があります。

 

楽天クーポンのよいところ

期限が切れる前日ぐらいに、期限がわずかですというメールを送ってくれます。

楽天のイベント中に重なるように多くのクーポンが配れたら来店客が増えます。

 

 

 

今までのクーポンはお客様が自主的にクリックする必要がありました。

これって、結構ハードルが高いんです。

サンクスメールに入れても、メルマガに入れてもクリックしてもらえないから。

 

注文したら商品が届いて当たり前、メールなんかチェックしないと言う人も多いですから

 

 

楽天の新しいクーポン

これは画期的なクーポンです。

お買い物をしたら、自動的にクーポンが送られ、お客様の画面に表示されるのです。(多分)

メールが送られるかも知れません(よくわかりません)

興味のある人は、読んでみて下さい。

https://www.rakuten.co.jp/shops/manual/ureru/coupon/thankyou_coupon_guide.pdf

今までの方式よりクーポン利用者が増えることは確実ですね。

3,4倍かなぁ。

 

 

使って見て効果測定してみるしかありませんが、rmsの分析機能では調べられません。

多分ECコンサルタントならそのデータを取ることができます。

関連記事

アクセス数 x コンバージョン率 x 客単価 腐った公式は忘れよう

本当にこんなに単純でいいの?売上の公式

ネット販売していると必ず言われるのがこのクソ公式

あなたもきっと頭の片隅に残っているでしょう。

 

売上 = アクセス数 x コンバージョン率 x 客単価 

 

これで、最初に来るのがアクセス数ですよね。

アクセスさえ増えれば、売上が増える。

確かにね、計算式はこうなります。そりゃ僕も元SEだし、有名なコンサルタントの部下だったし、

 

この公式を信じている限りは売上があがらない?

しかし、長いことこの商売やっていると、この公式を信じている限りは売上があがらないことがわかってきます。

 

 

アクセスを激増で、売上も激増だ!

 

グルプレのメルマガにクリックしたらポイントがもらえるというポイントインセンティブ型のメールがあります。僕もこれやって見ました。

(この件が以前にレポートしていますのでサイトの中を検索して下さい)

 

アクセス数=売上と信じていましたから

 

この誘導先をアフィリエイトリンクにしたことがあります。(おかげで楽天のアカウントが予告なく閉鎖されました)

 

30,000アクセス、アフィリエイトのリンクをクリックしています。

 

アクセスは通常の日の軽く10倍はありました。

しかも、自分の店でなくて、他の店で買ってもアフィリエイト成功です

 

——————————————————

そこで質問、この時の商品の売り上げ、またはアフィリエイト成果はいくらだったでしょうか。

金額でも購入確率でも

——————————————————

 

 

 

アフィリエイト成果は結果はなんと!!

1万分の1以下です。数千円の購入があっただけです。

しかも、肝心の自分の商品は1つも売れていない。

 

 

50%OFF + ポイント10倍、楽天の広告がはまれば数百、広告しなくてもセール期間中なら数十は売れる自信の商品でした。ところがグルプレからの30000万アクセスでは1つも売れていません。

それが証明したくてアフィリエイトリンクで挑戦してみたのですから

考えて見れば当たり前、このメルマガ読者の目的はポイントを稼ぐこと、興味がない商品でも次から次へとクリック。

 

悪いのはグルプレだ!?

 

じゃあ、今月ためした楽天のクリックインセンティブ広告は、どうだっでしょうか

2,000円の商品で、ポイント10倍、レビューを書いたら2倍に増量

アクセス数はなんと6000

 

——————————————————

さあいくつ売れたと思いますか?

——————————————————

 

なんと6000アクセスですよ、

 

さあ、あなたの答えは・

クイズ、ターイムショック!(古すぎか)

 

 

結果は

購入者たったの6名、出来のわるい新聞広告の並の数字です。

 

悪いのはアクセス数重視です。

いわゆる、濃いアクセスという物が必要です。じゃあ濃いアクセスを急増させる方法は、、、

徐々に工夫と観察と努力で増やすことはできます。色々と試しているうちに、マスコミ、パワーブロガーがたまたま、発見してくれる。かもしれない。

 

アクセス数よりも大切なこと

これからはリピート客数+新規客数だ!

 

中でもコントロール可能なのはリピート客。お粗末な対応をすればいなくなり、ちゃんとした対応をすればまた来てくれる。

リピートは客単価も高い、2回,3回と来たら5回6回と来てくれる

当店の場合は、この時期は通常20%~30%がリピート客です。

 

さあ、このリピート客を増やす方法は何か、

楽天の厳しい制限の中でできることを考えて下さい。

 

来週、僕のアイデアを出しますから、それまであなたも最低20個考えて下さい

 

よーい、スタート!!!

関連記事

クレーム対策 クレームに必要な物はこれだ

ネットショップなんてやっていると、

ガチでむかつく。チョー落ち込んで、一日中ブルーになるクレームがありますよね。

 

やってらんねぇ、もう、ショップ辞めようかとさえ思うような。

 

なんてところまで思い詰めるような、

 

そんな時に魔法があります。 <- 胡散臭い

 

 

お客さんに、

 

ご指摘ありがとうございます!

売る側だと目線がかたよって気がつかないことがあります。

早々にご指摘いただいたことで、対策が打てます。

助かりました。

これからも応援よろしくお願いします。

 

 

と、嘘でも(嘘じゃまずいけど)

書いて見よう。

 

すると、

 

 

自分が寛大な人間になったような気がする。

クレームが、指摘に変わる

クレームが役立ったような気になる(気だけじゃまずいけど)

 

 

メールを書いているうちに、気が晴れたりします。

 

 

実際には、情けないことに、

むかついて、けんか腰をオブラートで包んでなんてメールを書く時もありますが。

 

ぜひ試して下さい。

 

ムカつく、落ち込む、

そんな時は、知的ゲームだと思って

あえて、ありがとうと言う方法がないか考えて見て下さい。

 

 

効果がありますから

 

イライラしたまま、家族や従業員にヤツ当たりはしたくないですからね。

家族を食わせるための仕事なのに、家族との仲が悪くなっては本末転倒だと思うなら。

 

お試しを

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme