楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: 利益アップの秘策

ネットショップの利益をアップの秘策大公開

image

ちょっと聞いて下さい、国内最安値を目指しますとうたっているお店の店長!

 

それは思いっきりヤバイ。

楽天の手数料、送料、梱包資材、ポイントに広告、払って手元にいくら残ってる?

 

通販の小売りを知っている人は、国内最安値とかEDLPとかそんなことは言わない。

粗利を確保することが最優先で、そのためにどんな仕掛け、演出、訴求をするかに心血を注いでいます。

 

じゃあどうやって粗利を増やすのか?

 

今回は、ギフト屋さんの粗利率アップの手口をご紹介します.

他にも方法はたくさんありますが、事例がわかりやすいギフト屋の手口に絞って紹介します

エラソーに書いていますが、これギフト問屋の社長(今は会長)から何遍も聞かされた話をまとめたものです。

 

僕に教えてくれたこのギフト屋さん、27年間売上アップ(今はもっとかな)というとんでもない会社です。

 

1.盛る

女性の化粧と同じですね。

包装紙、ちょっとしたシール、ワンポイントの花から始まって、箱まで

オーガンジーの袋入りお菓子とか、

どうやったら高く売れるかに、心血を注いでいます。

 

この数年どんどん進化しているのがおむつケーキ

これはまだシンプルな例

http://www.babycake.jp/SHOP/2-hana-B.html

今やおむつケーキの専門店まであります。

 

めいっぱいモリモリ、デコ山盛りなのがこの店

http://item.rakuten.co.jp/ragoon/c/0000000130/

 

おむつケーキで検索してみて下さい

 

こうなると、素敵なギフトセット

 

 

2.高そうに見える物を探す

実は僕もよくやりますが、100円ショップで、これで100円!?みたいな物を探します。

そしてそれを、既存の商品と組み合わせてセット商品にしてしまう。

100円ショップの物って、在庫が不安定なので見つけたら買っておく必要があります。

その他にも販促用のノベルティグッズ屋さんにも、意外な掘り出し物が

もちろん、スーパーや駅の売店まですべての商品が対象です。

この会長そうやって商品開拓をしています。

 

 

 

3.写真で盛る

カタログ通販、ギフトカタログ、いえノベルティグッズのカタログを見て下さい。商品ばかり並んでいるようで、売り込みたい物には、それっぽい写真があります。

商品陳列だけでは、売れないことがわかっているのですね。

ところが僕たちの商品ページは、スペース使い放題なのに、、何も書いていない。なんてことが多いです。

 

吹き出しのコメントだけでもつけて見ましょう(などと言いながらやっていない商品、僕にも山ほどあります)

 

ビジュアルだけで売れることはない、けどビジュアルがしっかりしていないと売れない。

 

4.セット商品を作る

ワインとワイングラス、コーヒーとカップ、オーガンジーの袋入りお菓子、もちろんおむつケーキも、そして楽天利用者が好きな福袋もセット商品ですね

安売りしないためには、ニッチなセット商品がいいですね。

セットにする商品の1つは、他で売っていないので価格がわからないとか、高そうに見える、利益を調整出来る物にする。

 

セット商品で組み合わせて安くするのは、利益率アップの対策にはなりません。単価は上がりますが。

1つ1000円で、3つ買ったら2600円。

それでも利益が十分残るような粗利設定にしておきましょうね。

 

 

5.販売価格を上げる

おいおいと思うかも知れません。

しかし、安くしなくても買ってくれる商品を安くしすぎていませんか?

高く売る努力していますか?

 

6.自社商品を作る

難しく考えないで下さい。

パッケージやラベルが変わったら自社商品です。

あなたの会社のラベルを貼って商品を提供してくれる会社を探しましょう

ラベルを渡しておくと、そのラベルを貼って出荷してくれるメーカーもあります。

関連記事

楽天店長の 良い値決め、悪い値決め 利益をアップさせる方法

変な値決めをしちゃうと、利益が下がるだけ。

タダ単に利益が下がるだけじゃなくて、忙しくなって利益が下がる。

まさに貧乏暇なしになることを身を持って体験している僕は

今回の楽天EXPOでは「良い値決め、悪い値決め」のセミナーを受けました。

(アマゾンで絶賛発売中

 

 

セミナーの内容はコストありきの価格設定から
お客さんの払える売値からコストを導く方法に変わっていこう

 

 

ものづくりで勝った日本が負けたアメリカはサービス業などで
先行し、値決めに関しては日本の先を行っている。

そんな内容です

 

 

実際の値決めの方法は僕もすでに使っているし、ブログにも紹介しています

良い値決め、悪い値決め 僕が考える粗利に関しての記事のまとめ

 

小売店から通販を始める人への注意

http://mba.o50.jp/blog/59/retailer/

 

ネットショップの利益をアップの秘策大公開
http://mba.o50.jp/blog/775/profit/

 

上3割アップで、利益は1割ダウン

http://mba.o50.jp/blog/1460/b-s-tencho/

売上2割ダウンで、利益1割アップの秘密
http://mba.o50.jp/blog/1479/profit-2/

関連記事

売上2割ダウンで、利益1割アップの秘密

安倍坊ちゃんの、素晴らしい経済政策

・消費税アップ
・宅配料金の値上げ
・円安で資材費、輸入品の大幅アップ!

 

アベノミックスのおかげで、売上も大打撃

 

うちの楽天では、昨年より約1割ダウン!!

ヤバイ、潰れるんじゃないの、オタク

 

と思うでしょ。

ところが、利益は1割アップ

 

 

その理由を知りたい?

知りたいよねぇ

 

そんな難しいことじゃなくて

単に値上げしたです。

 

今までの価格に8%上乗せしました。

消費税アップ分(便乗値上げとか言わないでください)

 

4月以降売上ダウン、盛り返しつつ、現在に至るです。

 

 

しかし、売上減ったのになんで利益が増えたのでしょうか?

この表をみてください。

 売上粗利率利益額
今まで10030%30
売上ダウン8040%32

 

100万円、粗利3割で30万円の利益が出ていました。

ところが、粗利を4割に設定して、売上が2割減っているのに、利益額が増えています。

 

普通は売上が2割ダウンしたら、青い、まっさお

明日からどうやって食って行けばいいんだ、と言うところですよね。

 

しかし、この表通りなら売上が減った分仕事が減って楽になるのに、利益は増えている

 

利益が増えた分を広告にする、

客引きの目玉商品の原資にする。などの対策を打てば

今後徐々に売上が増えていく。

 

あなたに必要なのは、試す度胸と価格を修正する時間だけです。

 

全商品一気に値上げする必要はないので、試してください。

 

価格をほとんどいじらない店長もいますが、

何をいくらで売るかは店舗の勝手です。

 

 

高いときがあれば、安くした時に気がついてもらえるチャンスも増えます。

お客さんがお気に入りに入れていた場合は、すぐに購入してくれたり。

 

 

逆に、EDLP(エブリディ、ロープライス)では、生き残れないってことですね。

売上と利益の関係はこちらの記事でより理解が深まると思います

売上3割アップで、利益1割ダウン

 

とにかく計算してみてください、売上と利益の関係

それじゃあすでに粗利率が60%の会社が、70%に値上げして売上が2割ダウンしたら

今度は利益が減ります。

 売上粗利率利益額
今まで10060%60
売上ダウン8070%56

 

あなたの会社はどちらのタイプでしょう?

関連記事

売上3割アップで、利益は1割ダウン

失格店長の判定クイズ ーー その1

10%OFFのセールをしました。

日頃10万円の売上が13万円になりました。

 

やったね売上30%OFF

 

 

さあ、儲かりましたか?

 

ちょっと考えて下さい

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

もちろん儲かったはずだと、と答えた人。

注文通り、はまっていただいてありがとう!!

 

 

それだけじゃわからないと答えた人が正解です

 

粗利30%で10万円売れたら3万円の利益

10%OFFなら粗利は30%から20%に下がりますよね。

13万円 x 20% で 2万6000円の利益

 

売上は上がったのに損しているんです!!

安売りして売上は増えたけど手取りが減っている!!

そんなことしていませんか?

 

 

失格店長の判定クイズ ーー その2

ある店で全品10%OFFしました。

粗利が50%あるお店です。

10万円売上で5万円の利益なのが

13万円売って52000円の利益

利益が2000円、5%純増。。。。。のはず

 

しかし損をしていました

それはなぜでしょうか?

 

ちょっと考えて下さい

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

 

失格店長の判定クイズ ーー その2の回答(1)

 

いつもならパートさん2人で楽勝の物量なのに

この日は3人必要になってしまいました。

 

 

 

平均客単価3000円、10万円の売上で33個の出荷です。

パートさん一人15件なら可能。

 

ところがセールをした日は客単価も10%下がり2700円、今度は48個

パートさん1人15件しか出荷できなければ3人必要

 

 

パートさんが1人増えて、日給4000円

 

 

せっかく増えたはずの2000円の儲けより、人件費の方が高い!!

 

 

失格店長の判定クイズ ーー その2の回答(2)

さらにもう1つの落とし穴が

このお店のセール品は送料無料だったら

平均客単価3000円、10万円の売上で33個の出荷です。

送料500円 x 33個で 送料は合計16,500円

 

 

ところがセールをした日は客単価も10%下がり2700円、今度は48個

送料500円 x 48個で 送料は合計24,000円

送料だけで7,500円のコストアップ

 

 

 

 

ありがちじゃないですか
こんなこと、お店の粗利や作業効率からよく計算して下さい。

 

 

両方正解を答えられた人は、かなりのベテラン経営者です。

僕も、質問されたら答えられないです(^^;)

 

 

うちは、一昨年はスーパーセールに乗って年末に激安をやりました。

売れましたよもちろん。

 

 

しかし、出荷が追いつかない。

段ボールが足りない、おまけが足りない

クリアパックが足りない、プチプチは足りない

 

 

毎日、発送待ちの注文件数を見ながら冷や汗でした。

こんなに売上が上がることが楽しくないとは。。。

 

 

怖いですねぇ、算数ができないと

僕も計算できなかったわけですが

 

 

安易に値引きするなら、おまけをつける

丁寧に出荷する

対応をよくする

商品ページのクオリティを上げる方が

利益に貢献します。

 

 

ECコンサルは売上を上げるためにを合い言葉にしていますが

僕たちがやりたいのは手取りの利益を増やすこと

 

 

 

もっとも、

それでもセールをする理由もあります、、

在庫を現金化したいとか、集客したいとか

 

 

理由もなくむやみに安売りすれば

売れることもあるでしょう。

 

しかし、計算なしに値引きに走れば

 

待っているのは自滅!

借金、トラブル、

 

 

はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし)

楽にならざり ぢつと手を見る(石川啄木)

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme