楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: イベントのアイデア

商品の企画に必須 年間マーケティングカレンダーを無料ダウンロード

model-3063341_1280

」マーケティングには蓄積が大切

まいどまいどゼロからイベントを企画を考えていると面倒になりますねぇ

 

参考になる過去のチラシや企画の記録があればぐっと楽になるのですが。

 

 

僕達の規模ではなんらかの痕跡が残っていればマシな方で

前の店長が何したのかなんてわからない。

 

自分でやったけど、イベントの中身を覚えていない。

イベントで売れた商品もわからない・

 

 

それどころか

「去年の今頃、何が売れてたんじゃろ?」

「なんで、去年は売れたのに今年は売れないんだろう?」って

思ったことありませんか?

 

 

 

例えば、うちの場合、あるダイエット商品は春、秋、正月に売れます。

花粉症対策の商品は3月で終了。

 

などなど、かなりはっきりとした傾向があるのがわかります。

 

それが事前にわかっていれば、

関連商品を準備することもできます。

売れてから仕入れようとしても、メーカーは次の季節の準備で

品物がないのは当たり前です。

 

 

でも、そうした経験を積むのに最低3年かかんじゃないかな。

 

 

僕の場合は、

1年目は、わけがわからず。

2年目になって、季節によって売れる商品が変わることをなんとなく実感。

3年目で、季節変化を確信して仕入れの調整。

4年目ではじめて季節に合わせた企画にチャレンジ。

 

 

そんな感じでした。

 

 

広告は、売れているときに入れるべきか、

売れなくなったら入れるべきか。。。

 

いつ仕入れるべきか、

いつ仕入れを止めるべきか、

 

 

マーケティングカレンダー

経験を蓄積するまで3年も4年も待てませんので

 

 

 

アフィリエイター的な知識を元に

どんな商材がいつ動くかをエクセルの表にしてみました。

 

ダウンロードはここから

 

エクセルシートの簡単な解説動画です

 

 

アフィリエイトをしている人は、こういったおぼろげなキーワードから

狙い目のキーワードを探し出して、アフィリエイト(商品の紹介)を

しています。

 

 

アフィリエイトをする人たちは、売れるときに合わせて売るための

ページを作っていきます。

 

 

僕たちそれをならってイベントやマーケティング、

商品の仕入れ、売れ筋を考えるきっかけにしてみましょう。

 

 

これじゃ手がかりにならない、

もっと詳しいヒントが欲しいという人には

ヤフーの販促カレンダーをお勧めします。

 

 

ベテランでも、よほどしっかりした会社でないと

紙に書いて残してあることは少ないですよね。

 

何かしたという痕跡、残っていますか?

 

 

参考になるようであれば、あなたのお店に合わせて、

これに書き足してみて下さい。

 

 

 

まず、あなたが最初にすべきことは、このキーワードを元に

何をするかかんがえること、

 

そして注力する商品を準備すること。

 

準備した商品が売れるように

商品ページを作り、SEOをしかけ、

広告をだし、メルマガを書くことです。

 

 

「言うは易し、行うは難し」ですねぇ。

反省です。

 

エクセルシートの簡単な解説動画です

関連記事

2018年 今からできる福袋のアイデア

d183afa6537788d6ef4d609f3e7706d2_m

 

ただいま喧々諤々とやっているのが福袋企画

着々と準備を勧めているのではありません。喧々諤々です。

 

 

「遅い! 今ごろ何やってんの?」

 

 

などという、冷ややかな声が聞こえてきますが

 

 

 

今年は福袋で300万円売ろう!

今年は 1000袋完売!


 

この店では、そんなことを考えたことがありません。

 

福袋は申し訳程度しかやったことがありませんからね。

 

いままで一番売っても10個です。

つまり、実質、なんにもしたことがない!

 

 

しかし、なんにも企画なしで売れるほど甘くはない。

特に最近の楽天は。

 

 

そこで、今回は今までやったことがない企画を考えてみました。

 

 

福袋といえば商品の詰め合わせですが、

いまから商品の選定などやっていたら間に合いません。

 

 

そこで、急遽ひねりだしたのがこの企画

 

もし、あなたが福袋と言う商品を準備していないけど

今からでも間に合う企画がないかと考えているなら。

 

 

参考になると思います。

 

 

どんな企画かと言うと

 

 

 

対象商品を5000円以上買ったら50%

と言う企画です。

 

客単価を上げる、

日頃みてもらえないページまで見てもらう

そんな企画です。

 

 

 

実際には、日頃見られていないページは

手に抜きがひどいので

 

客単価アップがメインだと自分では思っています。

 

などと、言い訳がましい話を忘れ

具体案を考えてみました。

 

 

すると、福袋の販売に関して微妙な違いがある

バリエーションを2パターンを思いつきました

 

 

 

 

A案

とにかく5000円以上買えば、

福袋対象商品だけを50%OFFにする

 

 

 

B案

福袋対象商品を5000円以上買えば

その商品を50%OFFにする。

 

 

 

A案とB案の違いがわかりますか?

 

A案の場合、安売りじゃなくても絶対欲しい商品と、

安ければ買うと言う商品を一緒に買うことができます。

単なるついで買い感覚かも知れません。

 

 

B案なら買いたい商品を5000円分

探し回ってもらうことになるでしょう。

 

あなたもネットで買い物をしたことがあれば

送料無料にするために、他に買うものがないか、

探した経験があると思います。

 

B案はそれですね。

 

 

 

 

 

 

どちらのほうが、お客様にわかりやすいでしょうか?

どちらの方が売上、利益に貢献するでしょうか?

どちらの方が作業が楽でしょうか?

 

あなたの考えをコメントで残して下さい。

 

色々な考え方があります。

どちらが正しいかは、どちらのほうが利益が出るかによります。

 

しかし、比較のしようがありませんね。

 

 

どちらの方が売れるでしょうか?

あなたも一緒に考えて下さい。

 

 

そして、どちらの方がいいか考えをきかせて下さい。

コメントで残していただけるとうれしいです。

 

 

もう少し具体的に話すと

 

 

対象商品は【福袋対象 50%OFF】と入れる予定です。

 

これが福袋と50%OFFと言う正月向けのキーワードになります。

 

そして僕はA案で行く予定です。

福袋対象にする商品で5000円、買ってもらうのは

ちょっとしんどいかなぁと。

 

 

さらに、

1万円以上買った方に、プレゼントを用意することにしました。

 

 

キャッチコピーで言えば、こんな感じです。

 

5000円以上買えば、福袋対象商品を50%OFF

さらに1万円以上の購入の方には定価XXXX円のXXXに無料ご招待。

 

値引きできる商品にRーたすくで、キャッチを入れる、

賑やかしにバナーを作る。

企画の紹介ページを作る。

 

 

がんばれば3時間で準備ができそうです。

クリスマスから正月に一晩で衣替えする

量販店の作業より楽だと思います。

 

 

 

どうでしょう?

うまく行ったかどうかは、

また次回ブログでご紹介します。

関連記事

こんな程度のことでも、売上底上げ効果ありました

7a7df09cda0b747597a651d72cb88fe7_m

 

マラソンとか、スーパーセールとか

基本的に直前にならないと作業しないのが、僕のいいところ

開き直っています

 

さて今回の作戦も、

楽な方法の追求に余念がないあなたにとっては参考になるはずです。

 

 

 

今回やったのは

レビューを書いていただいたお客様に、クーポンを送るという作戦

 

 

レビューチェックツールを使って

1件、1件、クーポンを見ながら。

注文明細のメールアドレスをクリックして、メール送信。

 

がんばって、レビューの感想をひと言を入れながら。

 

 

 

5ページ分ありました。1ページ30件なので

件数にして150件

5時間ぐらいかかりました。

 

 

あなたはレビューを読んだことがありますか?

 

えっ、心が痛くなる?折れそう?

わかります。

 

僕はこのブログに書かれるボロクソコメントでだいぶ

打たれ強くなりました。

 

 

 

レビューにはお礼のクーポンをつけておきました。

そのおかげか

土、日曜日にしては調子がいいですが

問題は期間通じて、どうなのか?

 

 

昨年は中国人の爆買いが入っていますが

果たして、去年を超えられるでしょうか?

 

 

今回はクーポンを大量に配ったのと

スーパーDEALを使ったのとで

店舗一律のポイントアップはしていません。

 

実際このレビュークーポンですが

レビューを書いた人に、予告なしで送りつけたクーポンです

 

しかも下限なし、500円の物を買ってこのクーポンを使ったら

タダになります。

 

現金値引き、QUOカードのつもりです。

 

ところが、恐怖の大誤算が。。

 

だれかクーポンをもらった人がこのクーポンのお得さをを

自分のブログに載せたのでしょう。

クーポンURLつきで

 

送った数の10倍のクーポン獲得数。

 

 

そして、なんとなんと

半数近くがクーポンを使っています。

540円の商品を500円クーポン+ポイントでお支払いゼロ。

 

 

 

これ、どう思いますか?

 

500円配ってあるいたような物?

大損?

 

 

どこのどいつだ、ブログになんか載せやがって?

いや全然思いません。

 

 

新規客をひとり連れて来るコストは?

1クリック50円のCPC広告で、ひとりの購入客をひとり連れて来るのにいくら掛かることか。

 

世の中にはタダでもらっても、ゴミにしか思えなく物もあります。

例えば僕がクリスマスアクセサリー500円分ダタですと言う

金券をもらっても、使いません。買いません。

 

 

 

ところが、わざわざ商品を買いに来た!

僕に取ってはすごいことです。

ありがたい。

 

 

予想外の大成功です。

本気でそう思っています。

 

これもレビューのThanksクーポンを真面目に送ったおかげですね。

関連記事

がんばる店長 スーパーセールの両面作戦 ポイント&50%OFF

換金したい商品、賞味期限切れが近い商品

問屋からバッタ品を仕入れられる店は

 

今が仕込み時だ、スーパーセールは3月だ(まだ楽天から告知が来ていないけど)

いつも通りなら3月4日~6日ぐらいにスタートじゃない?

まだ、セールサーチの登録もないから、3月下旬にするのかも知れませんし

スーパーセールをやめた、何とか感謝祭だと言い出すかも知れませんが

 

もし3月4日スタートなら

スーパーDEALに商品を登録するのは今です。

 

半額商品は売れ筋を数量限定でもいいから登録

そこから、売りたい商品へ誘導!

スーパーDEALには、販売実績のない(つまり半額サーチには入れられない商品)を入れておこう

 

僕は在庫スペースをむやみに使っている、あれを始末します。

そして、当然半額にできる商品も準備しています。

 

 

ポイントと半額の両面作戦で集客です。

 

 

もし、あなたが超激安の商品を仕入れて在庫を積んでいたら

ECCに連絡して無料の広告 【目玉枠】に申し込んでみましょう。

わずか1時間ですが「楽天スーパーSALE」特設ページに掲載されます。

 

ただし、申し込んでも外れる(掲載されない)可能性もあるのでわざわざ仕入れちゃいけません。

 

さて、その他

 

 

楽天 スーパーセール関連の人気記事

マジで準備していない店長がスーパーセールで儲ける方法

スーパーセールで、4倍売る方法

スーパーセールで売れないお店の特徴

 スーパーセールを勝ち抜く作業(Rたすくの実技編)

スーパーセール直前 売上アップのセコイ作戦(メルマガ読者限定)

スーパーセールの裏技(メルマガ読者限定)

関連記事

楽天のセール企画対策で売上4倍増のまとめ

 

その場の思いつきで書きなぐるのがブログ

すると全然コンテンツがまとめられていない。

SEOマニュアルがそこそこ売れたわけですね。

ブログをあさっているなら、まとまった文章を手に入れた方が早い

 

今まで書いたセール対策の一部

 

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme