楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

楽天が初めてAMAZON並のサービスを出店者に実施か!?




楽天の出店者向けのサービスはamazonと比較してお粗末な物でした。

 

例えば、タイムセールの設定

amazon では商品詳細に入力するだけ

ところが、楽天には未だにそんなサービスがない。

複製を作れ!です、レビューが多いと転換率がいいといいながら、

 

例えばキーワード広告

アマゾンには一括設定する方がありますが、楽天ではゼロから手作業でせこせこ。

CSVも使えません。

 

例えばFBA

楽天のなんとかロジって、中小零細にはまったく無意味な物ですよね。



 

例えば代引設定

アマゾンでは1商品毎に設定できるのに、楽天ではできない

このおかげでどれだけ多くの店舗が問題を起こし、

どれだけ多くのお客様を怒らせたことか

 

今回12月の送方法設定の仕様変更は、またまたスカです。

僕の場合は、今回はメール便と宅配便の抱き合わせに関しての改善ができるだけですね。

 

 

 

こんな程度でなぜアマゾンをライバル視するのかさえわかりません。

アマゾンもアマゾンなりにタコ野郎!なシステムですよ。

使うとかなりイラっとするバグが数多く潜んでいます。

 

 

珍しく、僕が楽天がAMAZON並になったと評価しているのは

支払いサイトの改善です。楽ペイで入金サイクルが短くなる。

つまり、早く現金が手に入ること。

 

 

今だと、ヤマトは前月16日~15日までの送料を7日までに払え

楽天は月2回決済の場合、前月26日から10日までの分を翌月10日に払ってくれます。

 

スーパーセールでも入ったら、どう考えても無理ですね。

入金より先に支払いが発生する。

 

アマゾンなら2週間毎に集計して、3日後にはお金が入ります。

 

今回で楽天もアマゾンをライバルと思うならアマゾンに0.25歩ほど近づくキャッシュフローを僕たちに提供してくれるようです。

 

 

いや、僕の場合、冬はいつもヤマトの支払いに四苦八苦です。

今年は売上が急激に増えたので余計、厳しい。

逆回転差資金です。

 

 

 

 

 

ちなみに楽天の場合、2回締めにするとカード会社の手数料という形で決済手数料が1.5%ほど増えます。

 

このゼロ金利時代なら、なんとかカード会社と交渉ぐらいして欲しいのものです。

いやすでにそんな交渉はやって利益にしているはずですね。

なにしろこれからはfin-techだと言う会社ですから

 

楽天の決済手数料は

1.通常の場合(乙が短期払いサービスを利用しない場合)

  • (1)カード手数料(本サービスを利用した取引の代金に以下の料率を乗じる。)
    • 通常カード:3.60%
    • 楽天カード:2.65%
  • (2)システム利用料(税別)
    • 月額費用:3,000円
    • データ処理料:15円/件(キャンセル処理料:5円/件)
    • ※毎月26日から翌月25日までを集計して請求する。ただし、本サービスの利用を開始した月については、月額費用は請求しない。

2.乙が短期払いサービスを利用する場合

  • (1)カード手数料(本サービスを利用した取引の代金に以下の料率を乗じる。)
    • 通常カード:5.25%
    • 楽天カード:4.30%

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme