楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

補助金をもらおう 小規模企業経営力向上事業費


4356cf4ef1d37ac85ac390ca6317ec8b_m

補助金ってこんな物

5月11日現在 小規模企業経営力向上事業費が募集中です。
6月30日が締切ですね



実はさっき別口ですが平成29年度 補正予算 の
「小規模事業者持続化補助金事業」というのを
指導にしたがい修正して近くの商工会に出してきました。


いただく方からすればどちらも、同じような物です、
大胆すぎる考え方かも知れませんが。

75万円投資する覚悟がある人に50万円補助するという物です。

 

25万円の負担で75万円分の投資ができる。

 


どうですか、応募してみませんか?

 

 

もちろん予算によって資金の目的が違うので
向き不向きはあるでしょうが
一度は申し込んでみましょう。

 

もらえなくてもいいことが必ずありますが、
それはおいおい書いていきますので読みすすめて下さい。



 

去年の補助金を申請は沈没!

実は、去年はじめて補助金という物をもらってみようと応募して、
見事落選しました。

熊本の地震があったのでそっちの企業を優先したとか、
商工会の人から気休めの言葉をいただきましたが。


 

今考えると、「落選してよかった~」ですね。
去年はebay輸出を強化したいからホームページ作り直すぞ
出品ページをどこかの業者にやってもらうぞ

そんな内容でしたから、
高確率で25万円すっていたかも知れません。

 

 

 

 

補助金申請の思いがけずない、いい効果!

僕が申し込んだのは、
もちろん「お金がもらえたら嬉しい!」からなんですが


書いていると、自分のやりたいことを
明確することができるという効果があります。

 

 

この効果予想もしないいいことです。

 

実は、去年書いている最中に、自分の頭に浮かんでいる商品では
多分売れないなと思って、後半は鉛筆なめに終始してしまいました。

つまりですね、補助金をもらうための文章を書いていると
自分がやろうとしていることを具体的に書くので
とっても役に立つと言うことです。

では実際に記入項目を追いかけながら考えて行きます

 

いったい申請書に何を書くのか?

詳しくは商工会に行って聞いてくれです。
ここでは書いていて、僕が感じたいい効果です。

 

 

最初に企業概要という記入欄がありますが


売上から、売れ筋商品とその利益率まで書かされます。
自由書式なので何を書いてもいいのですが、企業概要には
何をやっていて、売上どれぐらいかなどかなり具体性をもとめられます。


集計してみて、結構驚きの発見がありました。

 

楽天の商品別売上をダウンロードして集計しただけですが
もちろん手抜きの僕ですから12ヶ月分の集計ではなく、
1ヶ月分を12倍しただけです。(オイオイですね)

 


しかし、それでも「この商品、こんなに売れているんだ。」とか
「この商品、手間がかかる割には全然売れてねぇ。」
なんてことが見えてきました。

 

各項目を列記しますと、まずは現状分析ですね。

  • 企業概要
  • 顧客ニーズと市場の動向、
  • 自社や自社の提供する商品・サービスの強み
  • 経営方針・目標と今後のプラン

 

どんぶりでやっていると、ちょっとしんどい作文になりそうですね。

「経営の目標とかプラン」の記入欄で、あなたはなんと書きますか?

そんなもんある訳ねぇだろう、と思いましたが、
でも補助金のためです
書きましたよ。

 

それからやおら補助金の利用方法に関わることを書きます。

 

 

  • 販路開拓等の取組内容(僕が応募した補助金の利用目的です)
  • 業務効率化(生産性向上)の取組内容(僕が応募した補助金の利用目的です)
  • 補助事業の効果

 

補助事業の効果、ここは盛大にもった方がいいよと言われましたが、盛っていません。


この申請書の審査する人はビジネス素人(行政書士とか)だけど
多分膨大な数の審査をしていると思います。


多分企業概要と、事業の効果ぐらいしか見ていないかも知れませんね。


 

それはともかく、書いているうちに、そうか「あーすれば」「あれができる」
ここが問題だ、対策はなどと真面目に考えました。


結果ですが、これが(本当に)できれば売上アップ確定だと思いましたね。

 

補助金がでなくても、こんなことぐらいしようと思いました。

 

 

日頃考えなしに、条件反射で仕事をしているので
とてもいい機会でした。


だから、あなたにもお勧めです。
補助金をもらうために文章を書いて指導をうけてみましょう。


指導を受けることで、
自分が見ないようにしていた現実に向き合えますよ。

 


 

今年は補助金が貰えそうか?

相当鉛筆を舐めないと売上が増えないというのが
去年の計画でした。


今年は、理論上(あるいは妄想上)ちゃんと
売上も利益も無理なくあがります。

 

これなら、補助金もらっても
無駄遣いしないで済むなと言う内容です。

 

しかし、もらえるかもらえないか、そんなことは審査員に聞いてくれ。ですね。

 



 

指導員の一言が腹にしみた

指導員に言われちゃいました

「相手(審査員)が自分と同等の知識がある のが前提で文章を作成している」

だって。


 

当たり前でしょ、プログラマーSEですよ。
提案書や仕様書を書いている時に想定する相手は、
自分と同程度ですからね。

 

これこそ身についたクセってヤツですね。

そして、ゾッとしました。
僕が書いている商品説明って、僕と同程度の知識が前提!!
だったらヤバイですよね。

理解しているお客さんの方が少ないかもしれません。

 

日頃面倒がって、査読なんてしませんが、
今日はじっくり見直してみることにします。

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2018年5月11日 — 3:31 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme