楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

SEOの役に立つセミナー(楽天EXPOから)




飾り言葉ではなくて、動かす言葉がほしい。

 

商品名を考える。コピーを考える。
すべてマーケティング。
ビジネスのために言葉を武器にする講義とワークショップ。
オリジナル商材ではなく、例えば水など差別化が難しい型番商材を題材に「売れるコピー、言葉」を考えます。

概論1時間、ワークショップ1時間の2時間構成を予定。

 

こんなセミナーに参加しました。

 

記憶に残っているセミナーは

伝え方が9割の佐々木さんのセミナーで

 

 

あのセミナーに出席して、実際に

商品名やキャッチに、たったひと言を加えると売上が

変わる可能性を発見しました。

 

たったひと言つけ加えれば 確かに動く!



 

 

それ以来

例えば「週末祭」、「本日のお勧め」たった今なら「円高還元セール」

そんな言葉をつけて売っています。

 

 

安直ですが、

組織もなく一人で戦っている

僕にとっては頼りになるツールが言葉です。

 

 

 

僕がSEOで重視しているのも、

テクニックと言うより、言葉の使い方ですが

やっぱりちゃんと機能しています。

 

 

 

これだけ、激しいSEOの変化の中でも

新商品を出していないにもかかわらず

売上はちゃんと前年対比プラスをキープ

 

やっぱりSEO対策にはSEOですね

 

 

検索結果がパーソナライズされたら

どうなるのでしょうか?

 

商品をどう言い表すか、相手の年齢性別を考える必要があります。

 

 

いわゆる刺さる言葉!

 

この刺さる言葉のヒントが満載だったのが今回のセミナーでした。

 

 

佐々木さんのように本を書いていないので、まとめがないのですが

 

 

こんなことを言っていました

 

コピーは差別化、価値化

 どう説明するかで感じ方が全然違う、商品が差別化できていなくても

 キャッチで変わる

   ZOFFのサングラス、コメダコーヒーの小豆コーヒーやジェリーコーヒー

 

未来を指す

 顧客が知らなかった未来を指すと新鮮

 

スイッチとなる

 そのひと言で発想が広がる

  キャッチを考えたらビジュアルにまで広がっていく

 

整理する

 伝えたいことが伝わる言葉に

 

無料のタレント

 ニュースに、ネットの記者に取り上げてもらえるか?

 

 

言葉のかけ算 1つの言葉が陳腐化してきたら、もう一つ重ねろ

 くつ下サプリ、まるでこたつソックス

 炊飯器 釜炊きが当たり前になっきた、おどり炊き

 

コピーは人格

 

本質を表す言葉

 

新しい言葉は新しい世界、新しい顧客を作る

気持ちを盛り上げる言葉、こころを動かす言葉

 

 

 

コピーを考える時には

商品の本質的な価値、ターゲット、周りの敵、おかれる場所などを考えること

他社が使っていない言葉を探す。

 

 

 

 

バカ売れする水のネーミングを考えると言うのがワークショップのお題

大阪のネーミングが、お水とキャバ水、大阪らしくて笑えます。

東京では

断食用の水

田崎真也が毎日ガブ飲みする水

コーヒー通の贅沢な水

なんてのが面白かったと紹介されました。

もっとたくさんあったのですが

  

 

これが講師の作品集。

 

http://meet-and-meet.com/work/g/

 

言葉は武器になる!

 

そうですね、これから検索のパーソナライズ化や

転換率が重視される方向に変われば

当然、説明文書が的確で、刺さる言葉であった方が

売れそうですよね。

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme