楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

楽天 危機的状況突入か




803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_m

facebookを眺めていたら、タイトルのようなニュースが飛び込んできました。

マジで、楽天に腹がたつので、ちょっと憂さ晴らししてみました。

facebookで飛び込んできたニュースが

楽天、危機的状況突入か…強すぎるアマゾンとの差が鮮明、楽天市場単体の業績開示中止

http://biz-journal.jp/2016/08/post_16431.html

 

Business Journalなんで、危機感あおりまくり記事が多いので

危機ってほどじゃないでしょと思いながら

 

分析が表面的で面白くないなぁ

楽天の危機の真の原因をアマゾンとの関係で書いていますが

そこじゃないなぁと



 

タイトルを書くなら

「店長を腐らせて、自分の首を絞める楽天の危機」かなぁ

 

記事をまとめて言うとアマゾンのせいで売れない、と言うことですね。

 

楽天のマーケもアマゾンと同じにしようと言う考え方なのでしょう。

ここからが問題です。

 

 

商品、サービスの品質がアマゾンの方が上だ

楽天の場合、その主体は出店者だ、よしやらせればいい

規約の改定だ、罰金だ、点数制度だ。

 

だから物の言い方が、出店者と対等ではなく

出店させてやっている、売らせてやっている、ありがたく思えになっています。

 

これでは、びびらせる。出店者を死滅ける。

 

気の弱い店長はビビって、思い切った販促手段を打てなくなる

商品ページもますますつまらなくカタログ風になる。

 

アマゾンがいいと思えば思うほど

楽天のよさがどんどんなくなり、先行するアマゾンに差をつけられる。

アマゾンは物流センターがあり、出品者は手間なしですからね

 

 

ますます売れなくなる

負のスパイラルに突入させてしまいましたよね。

 

まさに楽天逆転プロジェクト、完成です。

 

倒産した企業、赤字企業のリカバリーをさんざんやってきた僕の予感です。

楽天はヤバイと思ったからこそ、楽天逆転プロジェクトをやっているのです。

 

楽天がすべきは、

出店者の助けになることをする

 

例えば、

 

運賃交渉を代わりにする。

資材を激安で売る。

店舗のDM作成やチラシ同梱の支援をする。

レビューを面白く有意義にするために、コンテストでも開く

高齢者向けにショッピングガイドをする。

電話窓口をまともにする

(フリーダイヤルを載せいるせいか、楽天カードに対するクレームが2度来ています、

楽天カードに対する文句を延々1時間。僕たちはこれで楽天にペナルティーすら

与えることができないんだよ、これは不公平と言わない?)

それからチクリ制度をもうけて、店舗のつぶし合いをさせるのはやめる。

変な違反報告制度を作ると、楽天全体に対してネガティブな印象を与えています。

 

楽天の本社のエライ人、そこのあなた!、これ見てたら対策してよ。

こっちは36年も通販やってんだから、ちょっとは年寄りの忠告も聞けっての!

 

 

楽天の中に巣くっている、数字しかみない、感性がないマーケッターでは限界ですよ。

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2017年10月19日 — 3:26 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme