楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

タグ: 画像加工

画像加工ソフトはやっぱりアドビか?

ネットビジネスに使う画像加工、画像処理に一番必要な機能

それは文字入れです。そして多少の描画機能です。写真にうまく文字を入れて、バナーを作ったり、商品説明の画像を作ることが多いネットの作業では文字加工に優れたソフトがいいです。

 

Abodeは操作性わかりずらい

ネットで稼ぐためには使えた方がいいソフトがある。特に画像加工のソフトは必須と考えていいでしょう。
画像加工のソフトもフリーからアドビの高価なものまで色々ありますが、やっぱりプロが使うのはAdobeです。
機能が豊富で、仕上がりが綺麗だからです。そしてアドビに慣れれば、それはそれで使い勝手がよいようです。
しかしMicrosoftに慣らされた一般人には使い勝手の違いがなんとも不自然に感じます。そんな訳で操作を覚えるのはかなり大変だと思います。元SEの私がFireWorksをなんとなく使えるようになるのに2か月かかりました。Photoshopとillustlatorは未だに使いこなせません。(元々絵が手越画伯並みと言う事情もありますが)

Photoshopやillustlatorは?

アドビでは他にPhotoShop,illustlatorがあります。そもそもアドビ製品はツールと言うよりビジネスシステムの価格帯なので初めてホームページを作ろうレベルの人はいきなり買わないと思います。しかし、PhotoShopはElementとPhotoShopがありますが、Elementは確かに安く、心が惹かれますね。
確かに、写真の加工には値段と言い機能と言いお手頃ですが、画像に対する文字入れの機能が弱いのがイマイチです。

コーレル(corel draw)

機能の多さから来る使い勝手の悪さはadobeといい勝負ですが、ペイントとドロー、ペイントショップの3つのツールを使わないと綺麗なバナーは作れません。やっぱりadobeはよく出来ていますね。それぞれのソフトが機能を多少オーバーラップさせているので、ある程度は1本のソフトでこなせてしまう。

フリーソフトの画像加工ソフト

ベクターに行けば色々ありますが。pictbearとかpixiaなどが出てきますがFireWorksほど容易に文字入れが出来るソフトはありません。

ホームページビルダーの画像加工ソフト

HomePage Builderのウェブアートデザイナーの方がよほど使いやすいのですが、なぜか出力される画像の質、文字入れした時の文字の質が悪いのです。比較すると素人でもはっきりわかでしょう。
ホームページビルダーはブログに書き込む機能もついていますし、Microsoft/Windowsの操作感もありますので始めての方にはお勧めです。
Windows、パソコンに慣れている人ならマニュアルなしでも、使っているうちに基本操作は覚えられるのがいいところです。

画像処理ソフトランキング

さんざんこきおろしたアドビのソフトですが

ランキング1位はアドビのFireWorkds!

画像加工ソフトがあります。それはFireWorksです。Photoshopに比べ、機能が少ない分、覚えやすい。しかもHTML,アニメーションGIFまで作れる柔軟性です。値段も3万9千円と、他のソフトに比べ安いのもポイントが高いですね。Photoshopにはかなわない物の文字入れや、かっこいい文字加工もかなり出来ます。

ランキング2位はホームページビルダーのおまけ

アドビが使えない、ソフトの技術者が客先へ持っていくデモの画像を作るのによく使っています。

ランキング3位はフリーソフト pictbear

お金をかけたくない人は多少の機能には目をつぶってpictbearを覚えましょう

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme