楽天逆転プロジェクト(楽天 出店 応援サイト)

楽天店長 必見、売上アップの秘訣が山盛り

WordPressのURLを一発で変更するのはこんなに簡単だったのか




https-3344700_1280

このブログで数年来悩みのタネだったことがあります。

それはURL。

無駄に長いんですよ。

最初に失敗したことに今気がついた!

 

たとえばこんな感じです

以前は

http://mba.o50.jp/3710/supersale-2017/

 

ホントは

http://mba.o50.jp/supersale-2017/

こうつけたいのです。



 

と、こんなケースの修正方法を書いたのですが、

僕の場合、まだ問題がありました。

どんな問題でどんな対策をしたのかは、このページの追伸で御覧ください

 

 

そんな設定なら

WordPressの設定では「パーマリンク」と言うところをいじればちょいちょいっと簡単に変えられます。

 

image

 

ある時、やっぱり変ええようと思いたら修正したら。。。

Googleから「http://mba.o50.jp/ での「404」ページの増加 」なんて

メッセージが届きびっくり。

 

 

Webで404メッセージと言えば、Page not found, ページがありませんと言うことです。

 

 

ほんとバカですねね

youtubeからもfacebookからも、
このブログを紹介してくれているありがたいブログからも

以前のリンクはすべて修正前のURLです。

 

 

 

せっかくアクセスがあっても該当するURLがない。

 

 

 

 

慌てて元に戻しましたが、

やっぱり短くしたい!

 

 

短いURLの方が有利と言う説もあります。

 

 

それがある時何かを検索してた拍子に見つけました。

これだっ!小躍りして大喜び。

 

せっかくなんで僕に作業方法を教えてくれたブログを

紹介したかったのですが

見つかりません。

 

そこでかわりにわかりやすいブログを紹介します。

https://rocketfactory.info/permalink-redirect-7219/

 

 

 

手順とチェックポイント

僕のようにせっかちな方に手順を簡単に説明します。

 

1.あるプラグインをダウンロードします。

 ワードプレスのプラグイン検索からは見つかりません

 こちらからダウンロードできます。

 

2.プラグインを修正します。

ylsy_permalink_redirect.phpと言うファイルの1行を直します。

 

3.サイトにアップロード

wp-content/plugin直下にファイルを置くだけです。

フォルダは不要でした、Hello Dollyと同じですね。

 

 

4.プラグインを有効化します

これで「設定」のメニューにPermalink Redirectと言う設定が増えます。

プラグインを有効化しないとこの設定は表示されません。

 

5.WordPressのパーマリンクを修正します。

古いパーマリンクは必ず控えておくこと

 

6.プラグインを設定します。

プラグインの設定画面からOld Permalink Structuresに

変更前の古いパーマリンクをある場所書くだけです。

 

 

画像つき手順説明

イメージがわかない人に画像をいれておきます手順を簡単に説明します。

画像を目印に設定する場所の当たりをつけて下さい。

 

WordPressは4.9.5、xserver, ffftpを使っています。

 

 

1.あるプラグインをダウンロードします。

 ワードプレスのプラグイン検索からは見つかりません

 こちらからダウンロードできます。

ファイルの中身は2つだけ

image

 

 

 

2.プラグインを修正します。

ylsy_permalink_redirect.phpと言うファイルの1行を直します。

$statusのところもとは302になっていました。

$status=301に書き換えました。

image

 

 

 

3.サイトにアップロード

僕はここで戸惑いました、フォルダーどうすると、、、

 

しかし、wp-content/plugin直下にファイルを置くだけです。

フォルダは不要でした、Hello Dollyと同じ並びですね。

 

image

 

 

4.プラグインを有効化します

 

僕が最初読んだブログには有効化のことはまったく書いてありませでした。

プラグインを入れたら有効化は常識なんですが、ちょっと悩みました

 

これで「設定」のメニューにPermalink Redirectと言う設定が増えます。

プラグインを有効化しないとこの設定は表示されません。

もう有効化してあります。

image

 

 

5.WordPressのパーマリンクを修正します。

古いパーマリンクは必ず控えておくこと

 

image

 

 

 

 

6.プラグインを設定します。

設定からPermalink Redirect Managerを探し

Old Permalink Structuresに

変更前の古いパーマリンクをある場所書くだけです。

 

これもどこに書くのか不安でしたが1ヶ所書くだけです。

 

image

 

Old Permalink Structuresより前に2つ項目がありますが、

それは例外対策みたいな感じですね。

 

これで新しいURLでも古いURLでも問題なくアクセスできます。

 

プラグインの作者 Scott Yangさん、ありがとう。

教えてくれたブログ(最初に見たのは2つです)ありがとう!

 

 

 

追伸 

 

もともとは、記事のパーマリンに/blog/をつけていたことがありました。

こんな感じです。

これはGoogleのサーチコンソール(旧WEBマスター)の情報です。

 

image

 

ハッキリ言って、リンク切れは無視していました。

記事を1つ1つチェックできるか。いまさらどうしようもないと。

その時はあっさりと諦めていました。

 

 

しかし今回の対策でステータスが301になりインデックスが置き換わっているからでしょうか

Googleさんがすべての記事のリンクを追いかけくれたらしいです。

 

またまた「http://mba.o50.jp/ での「404」ページの増加」

今度こそ記事の修正をするかと

 

使うことにしたのがプラグイン「Search Regex」

 

これはあるブログをhttps化した時に

ブログ記事のhttpをhttpsに一発で置き換えるのに役立ってくれたプラグインです。

 

正規表現の使い方を知らなかったので

あまり深く考えずに/blog/だけはずしました。

 

過去記事のリンク切れが減ったはずですね。

 

これが検索順位が上がるかしら?

 目を通すべき関連する情報

関連記事

Updated: 2018年5月9日 — 8:17 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme