楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: ネットショップ開業

儲かる商品が見つかる場所(特にせどらー向け)

kid-with-mom-1561216_1280

 

儲かる商品、ないかなぁとネットで探して見つかりますか?

 

ネッシーなどのネット卸ではなかなか利益が取れる商品が見つかりません。

 

 

「ネット卸って、何のためにあるんだ!」といつも思いますね。

 

 

下手すると(下手しなくても、普通に)アマゾンで普通に買った方が安い!

 

しかし

諦める前に商品を探しに行くべきところがあるんです。

 

 

トイザらスでも、ヤマダでもヨドバシでも、ビッグカメラでもない。

 

 

ひょっとすると、そこには手付かずのブルーオーシャンがある、、かも。

 

 

 

それはどこかと言えば。「展示会」

 

1月、2月は展示会ラッシュ。

ギフト・ショー

雑貨エキスポ

健康博覧会

インタースタイルなど

 

展示会を探す方法は

よく使われる会場で検索すると簡単です。

幕張メッセ

東京ビッグサイト

サンシャイン

etc

 

 

プロ、業者限定ということにはなっていますが

ネットから申し込みすれば、問題なし。

 

事前のネット申し込みで入場無料タダのところが多いですね。

 

 

個人事業主で売上10円でも、

お金をもらって売り買いしている以上は

プロだ、業者だ。

 

堂々と展示会に行こう!

 

 

そして

こらから流行りそうなもの

今の売れ筋etc

アンテナを高くしに行こう!

 

 

せどらーなら、展示会限定特価の商品は買い放題。

 

 

なんたって 展示会限定は50%OFFが当たり前の世界ですから。

 

 

そして、展示会ではネットでは一般では卸していない商品もゴロゴロ。

 

 

しかも、展示期間中はたいていの問屋が通常より取引条件を甘くしています。

初回の取引は最低10万円からなんてハードルの高い問屋でも、

展示会での取引開始は最低価格3万円だったりします。

 

 

メーカー、問屋と直接話をして、動きのいいものを直接聞けたりします。

関連記事

商品の企画に必須 年間マーケティングカレンダーを無料ダウンロード

model-3063341_1280

」マーケティングには蓄積が大切

まいどまいどゼロからイベントを企画を考えていると面倒になりますねぇ

 

参考になる過去のチラシや企画の記録があればぐっと楽になるのですが。

 

 

僕達の規模ではなんらかの痕跡が残っていればマシな方で

前の店長が何したのかなんてわからない。

 

自分でやったけど、イベントの中身を覚えていない。

イベントで売れた商品もわからない・

 

 

それどころか

「去年の今頃、何が売れてたんじゃろ?」

「なんで、去年は売れたのに今年は売れないんだろう?」って

思ったことありませんか?

 

 

 

例えば、うちの場合、あるダイエット商品は春、秋、正月に売れます。

花粉症対策の商品は3月で終了。

 

などなど、かなりはっきりとした傾向があるのがわかります。

 

それが事前にわかっていれば、

関連商品を準備することもできます。

売れてから仕入れようとしても、メーカーは次の季節の準備で

品物がないのは当たり前です。

 

 

でも、そうした経験を積むのに最低3年かかんじゃないかな。

 

 

僕の場合は、

1年目は、わけがわからず。

2年目になって、季節によって売れる商品が変わることをなんとなく実感。

3年目で、季節変化を確信して仕入れの調整。

4年目ではじめて季節に合わせた企画にチャレンジ。

 

 

そんな感じでした。

 

 

広告は、売れているときに入れるべきか、

売れなくなったら入れるべきか。。。

 

いつ仕入れるべきか、

いつ仕入れを止めるべきか、

 

 

マーケティングカレンダー

経験を蓄積するまで3年も4年も待てませんので

 

 

 

アフィリエイター的な知識を元に

どんな商材がいつ動くかをエクセルの表にしてみました。

 

ダウンロードはここから

 

エクセルシートの簡単な解説動画です

 

 

アフィリエイトをしている人は、こういったおぼろげなキーワードから

狙い目のキーワードを探し出して、アフィリエイト(商品の紹介)を

しています。

 

 

アフィリエイトをする人たちは、売れるときに合わせて売るための

ページを作っていきます。

 

 

僕たちそれをならってイベントやマーケティング、

商品の仕入れ、売れ筋を考えるきっかけにしてみましょう。

 

 

これじゃ手がかりにならない、

もっと詳しいヒントが欲しいという人には

ヤフーの販促カレンダーをお勧めします。

 

 

ベテランでも、よほどしっかりした会社でないと

紙に書いて残してあることは少ないですよね。

 

何かしたという痕跡、残っていますか?

 

 

参考になるようであれば、あなたのお店に合わせて、

これに書き足してみて下さい。

 

 

 

まず、あなたが最初にすべきことは、このキーワードを元に

何をするかかんがえること、

 

そして注力する商品を準備すること。

 

準備した商品が売れるように

商品ページを作り、SEOをしかけ、

広告をだし、メルマガを書くことです。

 

 

「言うは易し、行うは難し」ですねぇ。

反省です。

 

エクセルシートの簡単な解説動画です

関連記事

金、商品、仲間 何にもなし 楽天開業当時の話

アンケートでご意見をたくさんいただきました。

ありがたいことです。

 

その中で普通の個人企業に月商1000万円なんて、

資金的にも無理という声がありました。

 

 

そこで、僕の開業当時の話をしてみました。

 

 

ブログに書いてはちらほら書いてありますが、

まとめて語ったことも、肉声で語ったこともありませんでした。

 

ちょっと恥ずかしい話ですが、あなたに自分にもできると

思っていただければ幸です。

 

 

半年ぐらいで華々しく成功なんて言うのがかっこいいのですが、

現実は甘くありません、もがき苦しんでやっと立ち上がりました。

 

 

 

そもそも、金がない。

交通事故で収入もない。

商品もない。仲間もいない。

政策金融公庫から借りた500万円も食いつぶした。

 

 

そんな中から、月商1000万円になったのは

あることを知っていたからです。

 

動画からご覧下さい

 

 

関連記事

いま、社長に必要なのは嫌われる勇気じゃない、値上げする勇気である

9cef057618eb6c83ca306a307253f67b_m

教え子のひとりが

思い切って、商品の値上げをしたら
出荷数量が減って

利益と、自分の時間が増えた! と

報告してくれました。

 

意外ですか?

 

 

実はし、値上げしてもうまく行くためには条件があります。

 

 

店舗のオリジナルなコンテンツ

あるいは店舗オリジナルな商品

 

 

 

このどちらかは絶対的に必要です。

 

 

 

ライバル店とまったく同じことしか書いていない

自動販売機型ネットショップにはできません。

 

 

そして、値上げというのは経営を一番簡単に改善する手

かも知れません。

 

 

 

なぜならば値上げした分は純粋な利益になります。

粗利1000円の3000円の商品を4000円に値上げすると

 

 

利益は2000円です。

3000円の商品をもう1つ売るよりも楽なことが多いです。

 

 

 

うちの店では最初9800円だった商品が16,800円にしたものがあります。

売上数量は減りましたが、利益は増えています。

 

 

最初12,800円で売っていた商品が、2年間売れなかったので

40,000円にしたら3つ売れたなんて物もあります。

 

 

 

一般的に消費者は

高い物は品質がいいと信じています。

 

 

他より安い店には、安いなりの理由があると思われます。

つまり、何かが劣っていると思われるのです。

 

 

 

 

そして、常連客は本当にありがたい

品質が比較できないコーラだって

最安値の店からではなくて、馴染みの店から買います。

 

僕も、高確率でマツキヨではなく、セブンイレブンで買います。

 

 

 

価格が、購入決定のすべての条件ではないどころか

価格は単なる参考情報だったりします。

 

 

実は昨日、三島大社のお祭りの帰りに、
田舎のとあるバルで飲んでいたのですが

そこに来た二人連れのOLさん。

 

 

バルのパスタの値段を見て、安すぎるわよね。

もっと、高くたって注文するのに

 

 

僕がいくらぐらいならと気にならないと聞いたら

200円なら、まったく問題なし

400円だと、ちょっと躊躇だって。

 

 

 

さあ、そこの売れているのに、儲からないお店

貧乏暇なしを地で行くお店のオーナー

 

 

勇気を振り絞って値上げして、パートさんや社員に還元して下さい。

 

 

 

値上げを試さずに会社が潰れるのは、あなたのせいです!

 

 

 

 

なんたって、経営、ビジネスモデルを根底から変えることができる

値上げを決定できるのは社長だけですよね。

 

 

品質さえ、水準以上なら

店舗のオリジナルなコンテンツ

あるいは店舗オリジナルな商品ならば

 

 

値上げで救われる可能性があります。

 

 

値上げしても、納得してもらえるだけ
商品ページのクオリティーを上げる
ことに力を注ぐべきです。

 

 

 

 

ユニクロや阪急百貨店、マクドナルドに
コンサルをしてきた私が直接指導します

あなの店舗運営力を底上げする
逆転流 ビシバシ店長講座

 

指導レベルを維持するため人数制限しています
制限に達ししだい予告なく募集を中止します。

申込が可能な時に、お申し込み下さい

逆転流 ビシバシ店長講座

関連記事

YahooのSEO対策

SEOと言うと、どんなテクニックで検索順位をあげるかですが

 

細々とした違いに加えてYahooにはPRオプションがあります。

キーワードの使い方は公式マニュアルに楽天より詳しく説明されていますが

実態は楽天よりわかりづらいかも知れません。

 

商品名の付け方に注意

楽天のYahooの違いは

Yahooでは商品名をすっきりさせろ(短く、キーワードを前に)ですね。

 

楽天では今のところ長い商品名でもOKですが、Yahooはすっきりさせろです。

そして重要なキーワードほど前にですね。

 

 

そうなると2番手、3番手キーワードを入れることができなくなります。

そんな時、商品名から外したキーワードは商品情報の設定に入れます。

image

 

 

 

ニッチキーワードを探せ

SEOで肝心なのがどんな言葉を検索用キーワードにするかです。

これは楽天でもYahooでも共通の考え方でいけます。

 

もちろん、利用する年代層、性別などによって違って来ます。

例えば楽天ユーザーよりヤフーニュースを見ているんじゃないか。なんて想像もできます。

 

だったら、、、とそんなことを考えてキーワードを拾っていのですね。

 

サジェストキーワードを拾う

楽天のキーワードを使って見る

amazonのキーワードを使って見る

 

 

などの工夫をして上位になって、売上がとれるキーワードを見つける方法は

試行錯誤だけです。

 

 

PRオプションを使え!

 

楽天にしても、yahooにしても、ビッグキーワードで検索上位になるのは難しい物です

 

Yahooの場合そこで使えるのがPRオプションです

 

しかし、PRオプションの料率を上げて、検索上位になっても、

僕の商品の場合、そうそう売れる物ではありません。

 

 

結局、楽天よりよほど広告費にお金を使っている気になります。

 

それは、ともかくPRオプションが2カ所にあることを知らない店長もいるようなので

この動画を用意しました

 

 

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme