楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

カテゴリー: 心理編

いつでも、問題山積みがネット通販の問題点

8177b0370fb8c348f02d3f76090175c7_m

 

ネット通販って簡単そうに見えますが

結構大変です。

 

 

HPを作るとか出荷する作業も多くなると本当に大変ですが

 

 

ネット販売はもっと地味に嫌なことが起こります

 

 

  • 楽天から、公序良俗違反なんていう嫌なタイトルのメールが来たり
  • ブログにむかつくコメントを残されたり
  • ちゃんと対応したのに、レビューでボロクソ言われたままだったり
  • お客さんから、理不尽なクレームがきたり
  • ネットで安く売りすぎるなとメーカーや卸先から文句を言われたり
  • パソコンやルーターが壊れたり、動かなくなったり
  • 販売価格や送料設定を間違えて大損をしたり
  • パートさんがいきなり辞めて仕事が回らなくなったり。
  • 使っている写真のライセンス料を払えという郵便が来たり
  • 商標権のある単語を使うなと、弁護士の名義でメールが来たり
  • 東京都のXXX局から、なにやら電話が入ったり
  • パートさんの生産性が悪くて人件費ばかりかさむ

 

 

 

ちなみに、上にリストアップしたことはすべて経験があります。

 

悩みやすい、真面目な人だったらノイローゼになるか

清水 富美加みたいに出家したくなるかも知れません。

 

僕の場合は、慢性的ストレス性高血圧と、ストレス性高血糖症です

いま、思いついた病名です(^_^)v

 

 

 

 

しかし、零細店舗では、こうした細かな個別のトラブルとも

社長自らが向き合って対策、直接解決しなければなりません。

 

 

 

あなたも、きっとどれかで悩んでいると思います。

 

 

 

一番いいのは、

根本原因をたぐりそこから解決することなのですが

 

 

なかなか原因の根っこが見つからない物です。

 

 

僕は原因を考える時は必ず自問自答します、

それを対策したらもう2度を起こらないと言えるか?

その対策で自分が納得、満足出来るか?

 

それが両立する解があるかも知れないと考えます。

 

 

 

あなたも考えてみませんか?

 

多くの社長、店長が自分のことは後回し。

自分が納得、満足するよりも、仕事が回る方を優先し

八方丸く収めることを優先し

自分だけがストレスを溜めていく

 

 

社長の代わりがいない会社では

社長は自分の納得感を優先させてもいいのじゃないでしょうか?

会社を支えているのは社長のモチベーションですからね。

 

 

逆に、社長の代わりがいくらでもいる会社で社長の納得感を優先すると潰れます。

 

ちなみに、僕は元東芝関連社員、

東芝は社長の代わりなんていくらでもいるのに、社長の納得感と面子優先で

上場廃止ですね。

関連記事

コンサルタントは決して話してくれない ネットショップ成功の秘密

c94f5e44a3ee5722b88f4e1ed88fbb1c_m

考えたら1994年ぐらいからEコマースサイトやWEB関連のシステムを作っていました。

はるか昔のことです。

 

もうちょっと目先がきけば、根性があれば、根気が続けば

 

 

三木谷さんのように、あるいは孫さんのように、

あるいは南波さんのように

何かしていたかも知れませんが

 

 

 

貧乏性で、安全第一主義の僕はずっーーとSEのままでした、

 

途中で色気を出してベンチャー企業に行って、

年商80億の会社の社長をやらせてもらいました。

従業員600人で月間赤字6000万円の会社の社長です。

 

赤字の金額は月間で、年間じゃありません。

 

 

ちゃんと黒字にしましたよ。

 

 

そして、ベンチャー企業を辞めた後、

社長経験者の転職って意外に難しいんです。

で、しかたなく独立。

 

 

直後に、交通事故で動けず。貯金を使い果たして

しかたなく、はじめた楽天の店長。

 

 

 

腕を三角巾で吊って、ペンをギプスに刺して

キーボードを打って、作ってきました。

 

 

 

初月の売上4万6千円から。

一人で、

コツコツと

 

 

時々、バイトもしながら

女房にもクソミソに言われながら

 

 

 

 

そんな経験を通してネットショップを開業させ成功させる秘訣に気がつきました。

 

経験値ってポケモンだけのものじゃないですね。

 

 

 

 

・ 初心者ではわからない、

・ レンタルカート屋さんは知らない

・ 単なるWEBマスター店長には経験できない

・ コンサルタントは決して話してくれない、

・ オーナーが無意識に目をそむける

 

ある秘密があることに気がつきました。

 

 

 

 

これこそが最重要の秘密

 

ハイテク聞いたことありますか?

ハイタッチ!聞いたことがありますか?

ホームランを打った後の「ハイタッチ」ではありません。

 

ハイテク、ハイタッチ

死語ですねぇ、もはや誰も言わない。

高度な技術人間的なふれ合いぐらいの意味です。

 

 

これは2003年ごろに、ネットスーパーをやっていたころ

同業の誰かと会話をしていたらポロっ出てきた言葉です。

 

 

 

ネットスーパーって大変だよね、

ハイテクでシステムを作って、ハイタッチじゃないと売上伸びない

因果な仕事を始めちゃったねぇと言う

 

その後、ハイテクでハイタッチがマイブームになり

話をする通販関係の人たち言ってみたけれど

全員賛成

 

もう話がとまらない!

 

 

今ではレンタルカートやEC CUBEで済ませることもできるので

ハイテク感はなくなってしまいましたので

 

ハイタッチ感が秘訣です

 

 

ネットなのにハイタッチかよ!と思うでしょうが

あなたが買い物をして、何かがあったとき

電話もないのか!とか思いませんか?

 

 

アマゾンなんかだと、そんな物がないのが当たり前で

忘れているだけです。

 

 

でも、店が小さければそこが重要です。

電話がつながるだけでホッしてもらえる

 

 

しかし、自動販売機型のお店が多いですね

 

 

商品を並べただけ、

メーカー写真をそのまま載せただけ

説明文はメーカーの商品仕様書通り

 

 

 

それで売れれば問題なしです。

アマゾンならまだ通じます。

 

楽天でも何とかなります。

ところが、自社サイト

 

 

しかし、同じ商品なら僕のお店を選んで欲しいです。

なにかライバルと違いを作らなければ!

 

それがハイタッチです。

 

どうハイタッチにするのか?

そこが腕の見せ所

 

僕は、それをまず最初に文章に求めたのですが

やりすぎで、薬事法違反のペナルティです。

なにごともやりすぎはよくないですね。

 

 

その他には、チラシ、おまけ、手書きの「ありがとう」

そしてフリーダイヤルです。

 

 

個人事業主が失敗する理由

 

最大の理由は時間がない!

 

厳密に言えば、時間があっても気が乗らない!

僕も同じです。

 

 

 

世間的にはこれをサボっていると言うようですが

不慣れなことはなかなかはかどらない物です。

 

 

そしてはかどらないときは、気分が載らないと、こんな文章を書いてしまいます。

ブログの文章なら、それでも読者が集まれば、もっと稼げる、と言う期待がありますが

 

 

これがたまに、時々、しょっちゅう、いつも

youtubeや動画を見てしまいます。

あんなものは、働く店長の邪魔でしかありません。

 

 

などと言いながら見ちゃうんですよねぇ。

 

 

そのくせ、いやそんなこことを時間がないのです。

 

 

そのやりたくない気持ちを克服する方法があったら知りたいですよね

 

 

僕の経験上、やりたくない気持ちを克服できるは次の3つ

 

 

1.恐怖

2.好奇心(達成感、報酬、楽しい)

3.細かい段取り

 

 

恐怖

サラリーマン時代にはやらないと上司に怒られる!があったのですが

社員ひとりだけの会社の社長 = 個人事業主 になってからは

普段は、せいぜい女房の顔と請求書ぐらいです。

 

今は楽天のペナルティー70点、後がない恐怖で普段の10倍ぐらい仕事しています。

罰金300万払えませんし、退店したら、振り出しに戻るコンビニのバイトからスタートからスタートですから恐怖力1万倍です。

 

実はこれが結構楽しい。

今まで、ろくに見もしていない、飽き飽きしていた商品ページの修正も楽しい。

 

 

 

この70点状態では、薬事を避けつつ、 SEO対策などと危ない手は打てませんが

いつか、薬事を避けつつSEO対策する手をまとめてみましょう。

 

 

できれば楽天に薬事対策SEOテスト店を出してみたいところです。

楽天の手法が単なる言葉狩りか、それとも薬事を理解した上での警告なのか知りたいですから

 

 

さて、ともあれもう失敗は許されない状況ですので

 

 

全面書き換えで、薬事、景品表示法などを徹底的に避け、しかも新しいキーワードを発見して、集客力を落とさず、転換率をアップさせると言う課題です。

 

 

無難なときは、集客力が下がるかも知れない判断はできませんでしたが

今なら、できます。

 

 

その意味では、楽天に感謝」、久しぶりに店長の仕事が楽しくなっています。

 

 

 

 

 

好奇心(達成感、報酬、楽しい)

やり始めて面白くなることってありますよね。

すごい達成感がある仕事もできますよね。

手をつけてみないとわからないのに、手をつけなかっただけで

 

 

それが前に書いた商品ページの書き換え

全面書き換えで、薬事を徹底的に避け、しかも新しいキーワードを発見して、集客力を落とさず、転換率をアップさせると言う課題。

 

 

実に刺激的なチャレンジです。

 

 

 

ネットショップなんて年がら年中同じようなことをやっています。

 

継続は力なりは、リピーターが儲けを出してくれる商売では絶対必須なのですが

 

すぐに、飽きます、単純な作業

 

達成感がなければ続かない

達成感を作る

それを避けるには

自分で目標設定して、自分が目標を超えたことに喜びを見いだす。

体育会系の自己記録への挑戦のノリですかね。

 

 

報酬があればやる気になる

できれば自分の財布と直結すると、もっとやる気になります。

例えばこのブログのキーワード広告の利益は僕のお小遣いです!

 

 

雇われ店長なら、ボーナスや成果報酬が欲しいですよね。

社長と交渉してみましょう。

 

 

楽しいことをヤル

自分が好きな物を売れ、嫌な物をイヤイヤ売っていたら

続きません。

 

それどころか、売上もダウンです。

 

 

あなたのオーラ(氣、エネルギー)みたいな物が、あなたが日ごろ注意を向けている物に影響します。

スピリチュアル系が嫌いな人も、関心がない人もこの原理が働いていることがわかればなあと思います。

 

 

あなたが楽しいと思っていれば、あなたのお店も楽しくなる

ショッピング イズ エンターテイメント

 

 

かけ声ばかり、何も楽しくない会社もありますが

ジワリジワリと落ちていって、そのうち回復不能になるのでしょ。

 

 

 

細かい段取り

楽しいことでも、苦手な作業が混ざるとなかなか始まりません。

 

雑貨大好き、ファッション大好きでネットショップを始めた

だけど撮影も苦手、画像の加工も下手くそ!(俺だ)

 

 

そして作業がすすまない。

 

 

それならば、、細かい段取りをしておく。

手順書を詳細に書いて、順番に作業する。

手順不明なら、次にしなければならないとわかったことを1つづつ書き足す。

 

 

まずはそこからです。

 

 

人間って、手順のわかっている作業なら意外に苦痛なくこなせます。

目標が具体的なら考えることもできます。

 

 

よし!明日は、これをクリアしよう。

クリアできなかったら、別の攻略ルートを探そう。

 

 

 

ゲーム感覚になって来ましたね。

 

 

 

。。。。To be Continued

関連記事

店長の勘違い メール便で代引する人が一向に減らない!

03

メール便で代引する人が何を書いても一向に減らないですよね。

面倒になってだんだん書くことが過激になってきて、どんどん項目別選択肢が増えてきて

 

ここら辺で気がつきましょうよ

お客さんは注意事項なんて、一切読んでいません。

 

このことを完全に納得すると

商品説明文の書き方もかわります。

どこを読ませたいかで、フォントの大きさ、太さ、色を変えたり工夫しします。

 

お客さんが読まなくて当たり前なのを知っているから

どうやって、商品のよさをわからせようかと考えます。

 

 

ところが、わかっちゃいるけど

勘違い継続中の店長は

 

お客様が理解不能になるほど項目別選択肢を増やし

注意書きばかりを目立たせて、

しまいには、「警告、メール便で代引を指定した場合は即座にキャンセルします。」

ぐらいの勢いになる。

 

こんな文章を書かれたら

買う気のあった客が逃げて

注意書きさえ読まない、客だけが残るようになります。

 

やってませんか?

そんな馬鹿なことを。

関連記事

店長の勘違い 自分がいいと思った商品はお客さんが必ず買う!!

warehouse

ちょっと調子に乗るとついついやってしまうのが

馬鹿丸出しの

過剰仕入

(さらに…)

関連記事

店長の危険な勘違い 安けりゃ売れる

セールバーゲン手描き文字

9月!スーパーセールの月です。

準備していますか?

 

お客さんはたくさん来るし、

安くすれば売れる!

などと

どうしても思ってしまいます。ところが

(さらに…)

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme