楽天逆転プロジェクト(ネットショップ運営に失敗しない本物の情報)

ひとり店長必見、売上アップの秘訣はこれだった

タグ: 楽天集客

楽天内SEOで楽天検索上位=売上アップの法則 クレイトエージェンシー他SEO会社比較

SEOと言うとgoogleやyahooでのSEOとなるのでしょうが、楽天に店を出している人にとってはgoogleやyahooの外部SEO以上に大切なのが楽天内SEO。

これがうまく行くケースと思ったように費用対効果が出ない場合とがあります。

楽天をやっていると週に4,5件はなんらかの広告の売り込みの電話が来ますが、CS放送の広告と楽天のSEOは異常なぐらい電話が多いのです。

 

 

ところがこの楽天SEO対策会社、

まじで詐欺か、極めて詐欺な会社ばかりです。

くわしくはこちらを参考

 

ジーケーライン(ラクセスなんて屋号も使います)は昔からレポートだしてくれました

オルグローは、ツールを無償提供してくれましたが、レポートは出ませんでした。

クレイトエージェンシーはレポートも出しません。何度請求しても出てこずに、しまいには電話もよこしません

ある会社は楽天に訴えられました。

 

まっ、比較すると言ってもこの程度です。

どの会社も僕が依頼したキーワード順位をあげることができませんでした。

ジーケーラインは2回使っていますが、1回目はそこそこの成績。

2回目は見るも無残。

 

クレイトエージェンシーはレポートも出さない、

順位をあげるといいながら肝心の順位レポートすら出さないのです。

商売としてあり得ませんよね

 

という訳でSEO会社詐欺みたいなもんです。いや、詐欺ですね。

今の僕からすれば

 

 

これが楽天のSEO会社を実際に使ったの僕の感想です。

 

 

SEOははまれば効果があり、売上が取れることはわかっていましたので

楽天のSEOにもお金をつぎ込んでみましたが7,8回使ってみました。

しかし、絶対に元が取れない、

僕は元が取れたことがない。

 

 

最終的に自分がやった方が順位があがり

売上も取れる。ようになりましたが

 

 

しかしSEO対策の作業は面倒、単純、根気が続きません。

パートさんもしまいには嫌な顔をします。

それぐらい、チェックと修正が単純作業で面倒です。

でも今は便利な無料のツールがあります。

 

 

 

 

さてこの楽天内SEO、お金に余裕があればやりたいところですが

損益ギリギリ、

広告費はギャンブルと考えている店舗の方は

楽天内SEOで成功するパターンにはまるかどうかを知っていた方がいいでしょう。

 

商品特性によっては

楽天向けSEO会社でも、うまく行くケースがあります。

自分には起きなかったことですが、実際に順位が上がって売上があがった会社もあります。

これは事実です。

 

 

SEOですからキーワードを指定します。そしてもちろんキーワード毎に難易度があります。

 

以前の相場は、楽天のキーワード広告の費用のおよそ半分から1/3以下でしたが

今は、色々おまけをつけて30万円です。

 

売れるキーワードで、うまく検索上位になれば

そこで楽天内SEOで成功するパターン

指定したキーワード、例えば「石けん」と言うキーワードなら、石けんと名前のつく商品がなるべくたくさんあった方がよい。

レビューがたくさんついている方が可能性が高い。(2012年8月ぐらいからレビュー0件でもいけると売り込み)

キーワード広告で確かに売れる。

これだけです。

売りたいけどたったその1品しか商品がない。と言う場合はやめておいた方がいいパターンです。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いていたときから

楽天でのSEOのテクニックを調べていました。

彼らは大したことをしているわけではありません。

僕が対策していなかった訳でもありません。(SEOの素人ではありませんので)

それでも順位が上がるケースがある。

つまり、SEO対策会社の手口(スパムな手口が)があるはずですが、

楽天の分析データじゃわからない。

一回、僕に対策を想像させちゃった会社がありまいたが

 

 

SEO対策会社でなくてもできる

楽天にだってクリーンで、確実な方法だってあるはずだ

 

と、調べているうちに

見えちゃいました。アルゴリズムの欠片が、

僕たちは店長であって、SEO会社じゃない

 

だったら、十分すぎる程の効果です

実際2014年に、ある会社に頼んだキーワードと自分で対策したキーワードを競争させて

自分が勝ちました。

 

その方法をまとめてSEOマニュアル作りました

100%クリーン、スパムなし

正攻法だけで、SEO会社よりうまくいく

そんなSEO対策はこちら

http://mba.o50.jp/seo-manual/

 

大きな変化にあわせて時々バージョンアップしています。

 

 

この記事は2012年の記事だったのですが

アクセスも多いようなので修正、補足しました

2016年3月4日

関連記事

楽天SEOサービスの効果は?

この1,2年、楽天内で新しいサービスを始めましたと言って頻繁に電話がかかってくる。

実際のところ、こちらに取ってはまったく目新しくもなんともない、楽天の中での検索順位アップのサービスです。

 

楽天もネットのシステムであるからには、検索から注文というのはとても多い。特にまだ固定客が少ないところにはなかなかうれしいサービスです。

 

ほぼ、楽天広告の1/2から1/3のコストだと言っている、確かに

 

この楽天SEOのサービスにはこのようなタイプがあります。

  • 1キーワード何商品でも対応します
  • 1商品、複数キーワードで対策します
  • 1ページに入った時だけ請求します

もちろん、ここに書く以上いくつも試してみました。
料金体系も半年払い、1キーワードの価格は検索結果に出てくる検索結果の数しだい。1キーワード1万円ポッキリ、商品点数XXXまでならいくら。など色々あります。

 

ここで、知っておかなければならない知識(落とし穴)は

  • そもそも人が集まり、売れるキーワードか?
    キーワード広告の単価を見て下さい。商品の季節性もあります。商品が売れるキーワードと売れないキーワードがあります。
  • 1ページ目に載っているからと、言って売れる訳ではない
    価格やページの作りも関係します
  • そもそものレビュー数と売上げには大きな関連性がある
    レビューゼロでもキーワードによっては1ページ目に入れてくれる会社もあります。しかしレビューゼロの商品を最初に買うのは勇気がいりますね。

と言うこの3点です

例えば、自社の商品でもかなりの商品が1ページ目に載っています。

季節商品なので季節になればもちろん注文は入りますが、季節を外れているとあまり売れません。

そうです、普通のSEOと同じくアクセス数の多いキーワードでなければ意味がありません。

そしてアクセス数の多いキーワードにはすでにとてつもなく強い競合がたくさんいます。やっぱりレビュー数がある程度ある方が安心して買えます。

 

例えばダイエットのようなビッグキーワードで、上位を取りたいといくら望んでも、新規のお店、新規の商品では1ページ目掲載のチャンスは皆無です。しかもダイエットと言うキーワードでは、ダイエット商品に品揃えがないと購入に至りません。

独力で楽天内のSEOをするならば地道にレビューを集める作戦との併用が重要です。

検索結果で1ページ目の商品の中で一番レビュー数が少ない商品のレビュー数がまずは目指すべきレビュー数です。

楽天内SEOを売り込む業者があればこの点を指摘して、叩きまくりましょう。

キーワード広告の1/5まで値切れたらあなたは立派な商売人!

値切り上手

だと思います。

関連記事

楽天のバナー広告の効果

楽天に出店すると、必ず売り込みに来るのが広告。

楽天で商品を買ってもらうためには

1.既存客(例えばあなたのお店を知っている)が買ってくれる。

1.偶然に頼る

2.キーワード広告を出す

3.商品の検索順位が上位になっている

4.楽天のバナー広告、メルマガ広告を買う

5.外部から(google,yahooの検索や広告)で連れてくる

などの方法がありますが。

やっぱり一番集客力があるのが広告です。

 

集客力はありますが高い(コストパフォーマンスが悪)いのです。

これまでの感覚だと、売上金額=広告金額ならばオンの字です。

失敗すれば広告費が売上金額を大きく上回ります。

いずれにしても、XXXXぐらい売れれば広告費の元が取れると言うことはあり得ません。

 

広告で新規客を集めて、リピートを狙う

 

これを考えられる状態になる前に広告を打つと、広告費は乾いた砂に水を撒くような物です。

コストパフォーマンスは新聞以下の効果と言うのが長年、折込チラシをやってきた偽らざる私の感覚です。

また楽天の商品ページはSEOがかけにくいので、検索エンジンの検索結果としての集客も難しいです。

しかし、売上と言う面で見ればSEOも自分で出来ない会社や自店舗の顧客が少ない会社が自社サイトを持つよりは売上的には効果があがるケースが多いのも事実です。

 

これらを考えた場合、楽天で成功できる会社は

こんな会社になります

こんな会社はまた後でご紹介

関連記事

楽天逆転プロジェクト © 2010 Frontier Theme